Month10月 2015

ツーリズムEXPO、VISIT JAPAN Travel & MICE Mart 2015に参加してきました

9月24日から27日にかけて東京ビッグサイトで開催されていたツーリズムEXPO、VISIT JAPAN Travel & MICE Mart 2015に参加してきました。最近インバウンド観光に関連した相談や仕事が非常に多くなってきているので、旅行業界に関する常識に少しでもキャッチアップするのが目的です。

また、将来的に自社で出展するかもしれないので、そのための視察も兼ねていました。

公式サイト
VISIT JAPAN トラベル&MICEマート 2015

世界最大級 旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」

VISIT JAPAN Travel & MICE Mart

受付

24日はVISIT JAPAN Travel & MICE Martの商談会のみでした。

25日は商談会とツーリズムEXPOの業界人向け展示があったのですが、商談会を優先させました。

こんな感じのブースが大量に並んでおり、それぞれの会社のブースに2名ほど座っていて、参加者がそれぞれブースを訪問して商談をするという形式でした。

事前予約が必要な時間帯もあったようで、予約していなかったためスムーズに話せませんでした。8月中旬くらいに予約は締め切り済になっていて、この展示会の存在に気がついたときにはもう受付が終わっていたためです。次回からは受付開始がはじめったら早めに予約して参加します。

Travel & MICE Mart

旅行関連のメディア

旅行メディアを運営している会社が多数参加していました。雑誌、テレビ、インターネットなどさまざまな媒体が参加していました。

大手の旅行媒体が多数参加していたので、運営しているインバウンド観光サイトのJapan Listにコンテンツを提供してくれそうな会社がないかを聞いてまわってみました。

ただ、相互にコンテンツを提供しあうという目的を持っているところはなさそうでした。基本的には広告出稿する会社を探している媒体が集まっているんだと思います。

商談会

海外の旅行会社

タイ、インドネシアの旅行会社に話を聞かせてもらいました。日本語が話せる方もいましたが、ほとんど英語でした。
アウトバウンドのニーズを探しにきているようで、こちらとしてはインバウンドの事業で協力してくれる人を探していたので、話が噛み合わないことが多かったです。僕のほうが相談すべき内容がずれているみたいで、あまりまともな話し合いにならなかったです。

タイでゴルフをしたい日本人に特化した予約サイトみたいな日本人が現地に行くことを促す商品がほとんどでした。
今回タイの会社を中心に話を聞いたのですが、世界中の旅行会社が集まっている印象でした。ただ、残念ながら2日で回り切るのは無理だったのでタイとインドネシアだけになりました。

自治体、観光協会

自治体や観光協会、観光施設の担当の方が参加しているブースが多数ありました。タイ語やインドネシア語などのホームページやパンフレットを作成しているのかどうかをヒアリングさせてもらってきました。全部で80名くらいの方とお話させてもらいました。

タイ語はけっこう対応しているところが多かったです。とはいえ3分の1くらいでした。
インドネシア語は全然対応しているところがなく、20分の1くらいの印象でした。

タイ人やインドネシア人はなんとなく増えているという印象をお持ちの自治体や観光協会の方が多いものの、どれくらいの数が来ているのかという数値が出てくることはほとんどなかったです。

ツーリズムEXPO

ツーリズムEXPOは一般の旅行好きな人が入場料を払って参加する展示会です。

世界中の国がブースを出して観光誘致をしています。また、日本の都道府県のブースも多数出ていました。

以下各都道府県のブースです。

沖縄県
沖縄県

富山県
富山県

福島県
福島県

石川県
石川県

新潟県
新潟県

タイとインドネシアもブースを出していました。会場にはタイから来ている人が多かったです。

タイ

インドネシア

会場にはゆるキャラがたくさんいたのですが、名前がわからないものが多くて残念でした。どの地域のキャラクターなのかすらわからないので、名札か何か名前がわかるようなものをつけておいたほうがよいと思いました。もし海外の展示会で他の自治体を支援することになったときには、わかりやすくするための準備をしておきたいです。

ゆるキャラ

商談会だけでも継続的に参加したい

商談会がすごく参考になる場でした。特にまだ旅行ビジネスに関して調べはじめたばかりの状態だったので、自治体や旅行会社の東南アジアからのインバウンド対応の状況を聞かせてもらうことができたのがよかったです。

一方で、ツーリズムEXPOの一般向けの展示はあまり商談をする雰囲気ではなかったので、仕事で行くときには1時間くらいで全体を見てまわるだけで十分そうです。

今後も類似の展示会があれば積極的に参加していきます。
タイで開催されているThai International Travel Fairや、インドネシアのGaruda Indonesia Travel Fairも予定あわせて見に行きたいです。

.sg ドメインの取得申請方法 必要な情報や流れと注意点

シンガポールのドメインである.sgドメインを取得する機会があったので、あとでまた取得するときのために手順や取り方などをメモしておきます。

Value Domainで取得しました。

取得に必要な情報

ドメインの申請には以下の情報が必要です。

シンガポール内の会社の登録番号 RegNumber(例:12345678)
シンガポール SingPassID (個人、法人担当者)(例:X1234567X、SGNICID-200012345E)
シンガポールの住所

取得を依頼された会社さんの情報をいただいて登録しました。

Value Domainの管理画面では住所がシンガポールのものでないといけないという記載がなく、サポートに問い合わせた結果として判明しました。

最初申請に失敗して、原因がわからなくてサポートの方に取得申請を代行していただきました。

申請の流れ

1.レジストラから申請

2.Singapore Network Information Centre(SGNIC)からDomain Names Pending ID Verification というメールが届きますので、その中にある https://verifiedid.sgnic.sg をクリックしてSingpassIDとパスワードを入力して認証します。なお、認証が完了するまで、ご丁寧なことに、Daily Reminder: Domain Names Pending ID Verificationというタイトルのりマインダのメールが毎日届きます。

なお、認証を済ませないで長期間経過すると、ドメインが停止されてしまうようです。

3.認証が完了すると、[For Info Only] Notification of Domain Verified by Administrative Contactという件名のメールが届きます。

なお、Value Domainでは上位レジストラとして通常は以下を選択できるのですが、.sgドメインに関してはkey-systemsレジストラしか選択できません。

「GMO(転送機能あり)」「eNom(転送機能あり)」「KeySystems(転送機能なし)」

事前準備が大切

手元に必要な情報の一式が揃っていないと申請できないので、あらかじめ準備しておく必要があります。サイト公開のスケジュールぎりぎりになって実は必要な情報が揃っていなかったとかなると、遅れが発生する可能性もあります。

今回ご依頼いただいたお客様はスムーズに必要な情報をご用意いただけたので問題は発生しませんでした。

英語が苦手な人は注意

SGNICの認証を依頼するメールは英語なので、英語が苦手な人が認証の作業する場合はサポートが必要になるかもしれません。シンガポールでビジネスをするくらいなので、だいたいの人は問題ないとは思いますが。

民泊ビジネスの規制緩和を早めないと深刻なホテル不足とAirbnb独占状態になりそう

インバウンド観光の盛り上がりによって日本国内であきらかにホテルが足りない状態になっています。
東京のビジネスホテルは一泊2~3万円になっていることもあり、旅行者だけでなく出張者も困っています。

宿泊施設の不足は、観光立国を目指すのであれば早急に解決するべき問題です。
いまある旅館業法はそもそも民泊ビジネスを想定していなかったと思うのですが、現状は既存のホテルや旅館を保護するためなのか、Airbnbのような民泊ビジネスに規制がかけられています。

Airbnb (エアビーアンドビー)

Airbnbとは、一般の人が観光客や出張者に自分の部屋を貸し出して収益を得ることができるサイトです。部屋を貸したい人と借りたい人をマッチングする場として機能しています。
マンションやアパートや一軒家など様々なタイプの部屋が宿泊施設としてサイトに登録されています。

旅館業法違反になるようですが、グレーというか黙認されているのが現状です。
ただ、日本国内で部屋を貸していた外国人が逮捕されたというニュースもありました。これは行政から何度も警告がいっていたにもかかわらず無視した結果のようです。

規制緩和の流れ

少しずつ規制緩和が進んでいます。今後ペースが上がっていくといいですが、全国が対象になるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

大田区は都内全域が指定されている国家戦略特区による規制緩和を活用して条例をつくって、民泊ビジネスを進めようとしています。

空き部屋で民泊OKに 大田区が条例制定へ 東京五輪:朝日新聞デジタル

記事によると、「床面積25平方メートル以上の部屋に台所やトイレを備える」「7日間以上宿泊する外国人が対象」などの制限はあるようです。
オリンピックで確実にホテル不足になるので、早めに試験的に導入して対応する範囲を広げていってほしいです。

農家や漁師宅だけでなく 「民泊」一般住宅でも 地方創生へ規制緩和 厚労省、農漁村対象に :日本経済新聞

この記事によると、2016年度に厚生労働省が省令を修正して、農村や漁村を対象に一般の住宅でも民泊の事業を行えるようにする予定です。

今後どうなるのか

2014年の年間訪日観光客数が1,300万人、2015年は2,000万人を超えるペースになっていて、今後さらに伸びていくでしょう。そう考えると今のペースで少しずつ規制緩和が進むのだと宿泊場所の不足がより深刻な問題になります。ホテルの価格が高騰して外国人観光客が予約を取りづらくなり、しかも高い部屋しか泊まれないような状態が続きます。その結果として来るのを中止してしまう人が出たり、日本旅行の満足度が下がってリピートするのをやめる人が増えてしまうのではないでしょうか。

民泊ビジネスに限らず、早急に何らかの対応策を考える必要があります。

Airbnbがグレーな状態のまま国内のマーケットを取り切ってしまって、いざ規制緩和になったときにはもうすでに日本のプレーヤーの入る余地がなくなってそうです。今あるホテルや旅館を保護しようとするあまりに、日本で大量の雇用や納税を生み出せそうな民泊ビジネスのマーケットをすべて外資であるAirbnbが独占するという流れを許容してるのも同然です。日本の会社が同じことをすれば日本国内では勝てる可能性が高そうなのでもったいないです。

個人的には別にAirbnbが嫌いなわけじゃないので、Airbnbが独占しようが便利に使えればそれでいいのですが、国の規制が国内企業を制限して海外企業を後押ししてる現状を見るとこのままでいいのかという疑問を感じます。

民泊ビジネス:「想定外の事態」に変革迫られる日本社会 国内業者参入できず – 毎日新聞

この記事によると、日本国内のベンチャーでもやはり類似事業を立ち上げようとしているところはあるようですが、違法状態になるので進めることができないようです。

先日ヤフージャパンが別荘の貸出という類似のビジネスを立ち上げようとして中止してしまったことがありましたが、ああいったビジネスを国として後押しするようになれば、一気に状況が改善するはずです。

既存の国内企業を保護しようとするあまりに、新しいマーケットをすべて外資に持っていかれるという例は今後も増えそうです。

規制緩和はビジネスチャンスでもある

規制緩和のタイミングはビジネスチャンスがたくさんあります。

農村や漁村で一般住宅を貸し出せるようになるようであれば、そのために一軒家を購入して貸しだそうという人が一気に増えるでしょう。すでにAirbnbで国内の部屋を貸している周囲の人に聞いている限り、年間利回りで20%~30%出ている部屋が多く、普通の賃貸アパート、マンションなどへの投資と比べると利回りが良いようです。

投資対象としてAirbnbでの運用が広まりつつあります。

また、予約調整や鍵の受け渡し、部屋の掃除などを自分で部屋のオーナーがするのは大変なので、他の専門の会社に外注することになります。つまり、Airbnbなどで部屋を貸す人向けの専門サービスが増えていきます。すでに管理代行ビジネスをやっている会社はいくつもあるようです。

中古物件を購入して、リノベーションをして専門の管理代行会社に任せて運用するという方法が上手く回るようになれば、宿泊先の選択肢が増えてその地域に外国人観光客が行きやすくなるし、近隣の雇用も増えるしいいことだらけです。

利用者の層が違ってるので、ホテルや旅館との住み分けもできると思います。
民泊も既存の宿泊施設もメリットとデメリットの両方がありますので、利用者である訪日外国人の多様なニーズに応えられるようにするために、地域として両方の選択肢を提示できたほうがよいでしょう。

以下は会社のブログでホテルが高すぎると感じる外国人観光客におすすめの泊まれる場所をまとめた記事です。
東京のホテルって高すぎない!?外国人観光客におすすめしたい、格安で東京に泊まれる方法まとめ

宿泊場所が不足していて訪日観光客数が伸び悩むというのが最もよくないので、どんなタイプの宿泊施設にせよ増やすべきです。
ホテルや旅館などの既存の業界から規制するよう要請する動きが当然でてると思います。ただ、客が全然入らなくて困っているという状態ならまだしも、あきらかに需要過多で各ホテルが大幅に値上げしているような状況なので、規制するのは既得権益を守っているだけだと思います。

事故やトラブルが起きたときにどう対処するかという問題があるため、安全性を高めるルールの整備が必要なため慎重にすすめるべきという考えがあるのはわかります。ただ、現状法律でグレーな状態になっていてもAirbnbは止まっておらず、何もルールがない状態になっているわけですから、法整備をするという形でルールを決めたほうが何もない状態よりも安全だと思います。

・部屋を貸す人
・部屋のオーナー・大家(賃貸の場合)
・宿泊者
・Airbnbなどのサービス事業者
・ゲストとのやり取りや清掃を代わりにおこなってくれる運営代行会社
・不動産の管理会社
・物件の近隣住人

など、関係者すべての問題が避けられるような指針となるルールを行政が決めることになりそうです。

借りているマンションの部屋を大家や管理会社の転貸可能かどうかの確認をせず、許可をもらわないまま勝手にAirbnbに出すトラブル、宿泊者と他のマンションの住人の間でのいさかい・苦情、病気・怪我や火事などのトラブルなど、すでに問題がいくつも発生していそうです。

需要があってしかも誰かが被害を被っているわけではないビジネスなので、違法性があろうがなかろうが普及していく流れは止まらないのではないでしょうか。

現状のほぼAirbnb1社だけの状態だと競争原理が働かないので、規制緩和して国内の企業が類似の事業をすぐに開始できるようにするべきだと考えます。

類似サービスがたくさん普及して、ホテルの供給不足が解消されて1泊あたりの相場が下がるとより外国人が来やすい国になるはずです。

Airbnbは自分で部屋を貸すところまではいかないかもしれませんが、宿泊するときに現地のホテルが空いてなかったときなどに便利なので今後も使い続けようと思います。

こちらからAirbnbに登録していただくとあなたと私の両方が割引クーポンをもらえます

CSS Nite LP42「戦略志向のECサイト」参加レポート #cssnite_lp42

CSS Nite LP42「戦略志向のECサイト」というイベントに参加しています。

ECサイトの運営方法、マーケティングについての講演です。

以下のバカに毛が生えたブログさんのレポートのほうがはるかによくまとまっていると思います。
【保存版】CSS Nite LP42「戦略志向のECサイト」リアルタイムレポート #cssnite_lp42 | バカに毛が生えたブログ

以下聞いたことのまとめです。

戦略をWebサイトに落としこむウェブサイト5階層概念モデル

ゴンウェブコンサルティングの権成俊さんのセッションです。

以下のサイトを例に説明してくれてました。
小島屋|創業60年 上野アメ横 ナッツ・ドライフルーツ専門店

ECサイトで売れないのは戦略が欠如しているため。戦略とはどのようなものかを説明されています。Webだけに限らず事業全体の戦略やプロセスを考え、その一部にウェブ戦略がある。

1,000万でサイトつくるとしたら、戦略の構築に300~400万、コンテンツに300~400万万、システムやデザインは3分の1以下

1.ターゲットの絞り込みと戦略の整理
2.コンテンツの追加
3.サイトの回遊性を高める

サイドバーのメニューにシズル感のあるサムネイルを含めることで、クリック率を上げて閲覧ページ数を増やす

興味が湧くコンテンツ
巡回のしやすい構造
そのお店で買いたいと思ってもらえるコンテンツ

ウェブサイトの5階層概念モデル

ウェブサイトの5階層概念モデルを説明していました。

戦略 どうすれば買ってもらえるか

要件 コンテンツ・機能 コンテンツが先でウェブサイトはあと。先に構造つくってあとからコンテンツを考えるのは駄目

構造 サイトマップとナビゲーション設計

骨格 ワイヤー

表層 ビジュアルデザイン

一気通貫で考える必要がある。1つでも断絶するとバラバラなものになってしまう。

出典
ウェブ戦略としての「ユーザーエクスペリエンス」

ウェブサイトの5階層概念モデルの感想

経営戦略ありきでウェブがその手法の一部という考えができているかどうかで、その会社のウェブが成功するかどうかが決まると思いました。

ウェブでの見せ方を突き詰めて考えていくと、どういうサービスや商品を企画開発するべきか、会社の見せ方をどういう切り口にするかの選択にもつながってきますね。

コンテンツを考えるのが先で、ウェブの構造やデザインはあとからやるべきというのはまったくその通りだと思います。すでにあるサイトに引っ張られて既存のデザインや構造にあわせる形でコンテンツつくるというのはありがちなので、今後より強く意識していきたいです。

戦略のフレームワーク3C

村上佐央里さんによる講演です。

3C お客様、競合他社、自社の強み

お客様が求める価値
差別的優位点
この2つに応えられるのが戦略の成立

お客様が求める価値はいろいろあるので、分けて考える必要がある。

ナッツ、ドライフルーツのECサイトの場合
・おやつ
・おつまみ
・バー・レストランの仕入れ
・美容
・健康

それぞれの価値で3Cが成立するかどうかを考える。
成立するところに注力して取り組む。

仕入れという価値に絞って考えた場合
お客様が求める価値: 利益が出る、手間がかからない
差別的優位点: より利益がでる、提供が楽、長期保存可

お客様が求める価値や差別的優位点をコンテンツに反映する。

戦略のフレームワーク3Cの感想

同じものを売っているサイトだけを競合として意識してしまっていることが多いので、もっと競合を広くとって同じニーズに対して回答となっている商品やサービスがどのような魅せ方をしているのかを分析するようにします。

お客様が求める価値と差別的優位点が曖昧なまま、見切り発射で進もうとしているECサイト運営者の方を止める説得材料して例を使えそうでした。

戦略からコンテンツを導く

ゴンウェブコンサルティング小清水貴子さん

コンテンツは量よりも質

コンテンツをたくさん作って、アクセスは伸びているが、売上につながっていない状況がありがち。
ECサイトの目的は購入につなげることなので、アクセスだけ増えても意味がない。

購入につながるのが戦略的コンテンツ
お客様の求める価値と差別的優位点を含めたコンテンツ

コンテンツの分類

以下の3分類のうち、購入したいと考えている人にアプローチするのが戦略的コンテンツ
調べたい人にアプローチするのは集客コンテンツ

購入したい
購入意欲高い
購入意欲低い

とにかく多くの人を集客してから買わせるというのではなく、買いたい人が集まるようにするのが理想
アクセスと売上が両方伸びていくのが戦略的コンテンツ

お客様の求める価値と、差別的優位点をどのように伝えるかを考える情報デザイン
戦略をお客様視点に変換することでコンテンツになる

小島屋の例で鮮度が違うということを説明するための図を改善していくステップの説明。
1つの図で2つのことを言おうとして、何が言いたいのか伝わりづらくなってしまうので、中間流通が少ないという1点に絞って図を改善していった。

2つの「欲しい」
ニーズ 喉が乾いた
ウォンツ 水が飲みたい

ニーズからウォンツに変わる

求める価値

例:掃除機を選ぶ
吸引力、省エネ、コンパクト、特殊機能・オプション
などそれぞれの選択基準を説明するコンテンツをつくる

まとめ
1.戦略をコンテンツに
2.ガイドコンテンツでニーズをウォンツに

戦略からコンテンツを導くの感想

よりコンバージョンに近い意欲の高い人を対象にしたコンテンツから優先させるべきなのはあきらかですが、多くのサイトがそこをやり切らないうちに意欲の低い人たちをターゲットにしたコンテンツを作りはじめてしまってますね。

一方で、コンバージョンに近い内容のコンテンツほど競争が激しいことが多いのもたしかなので、そこのバランスをどう判断するのかが気になりました。

ユーザーシナリオで考える構造、骨格、表層

権成俊さん(ゴンウェブコンサルティング)

TOPにすべて詰め込むと認識できない
小島屋の例において、仕入れを目的としている人だけでもたくさん見せるべき要素がある。

コンテンツマーケティングの弊害として、あまり良くないコンテンツを増やすことで、重要なコンテンツが埋もれてしまう。

見せたい順番に並べてシナリオにする
UX視点でデザインする。ページをめくるようなイメージ

構造設計
ユーザーの目的別のホームポジションを意識

トップページで何を欲しいかわからないような状態でなんでも見せてしまうと、ユーザーが混乱してしまう。
必ず見せたいもの以外は、できるだけリンク、バナーを減らす。
絞り込むことで目立つようにする。

小島屋のサイトのリニューアルでディレクション、デザイン、写真撮影を担当された方
佐藤晶子さん
Akinkoweb on Strikingly

質問

どうやってコンサルティングフィーを取るのか(広告代理店の方からの質問)

そもそもコンサルティングにお金を払う気がある人しか対象にしない
最初に会う段階からお金をもらう
見積もりを出すのにも調査としてお金をいただくようにしている
自社で情報発信することで、理解のある人だけが集まるようにする

ユーザーシナリオで考える構造、骨格、表層の感想

余計なコンテンツをトップに入れすぎて重要なコンテンツが埋もれるのはあるあるネタですね。

トップページにどのような情報を掲載するべきかはお客様と相談して決めることになるので、仮説やデータを示して調整しつつ削っていくプロセスがあるわけなのですが、大前提から丁寧に説明していかないととにかくたくさんの情報を掲載するという結果になりそうです。

人気ECサイトから学ぶ、コピーライティングの秘訣

益子貴寛さん(サイバーガーデン)

写真は投資。良い写真をしっかり用意する
発信するチャネルの多様化もまた生活提案
チャネルの選び方、組み合わせ方
見出しでまとめ買いを誘発させるためのキャッチコピーを書く

生活提案やストーリー性

ECサイト全体の課題解決

見出しを実際に書いてみるワーク
生活が楽しくなること
生活が便利になること
おまけ付き、ギフト需要を伸ばすという課題解決

マーチャンダイジング × フルフィルメント = ECサイトの本来の力
・大型ショッピングモールの存在
・価格比較
・国際競争
・オムニチャネル化
などで環境は厳しくなるばかり

人気ECサイトから学ぶ、コピーライティングの秘訣の感想

すでにあるコンテンツに見出しを追加して生活提案を行うという方法は、慣れるまでコピーを考えだすのにかなり時間を使いそうですが、有効だと思いました。
コンテンツでの生活提案力を高めるのを個々人のセンスではなくて、どうやって組織の平均能力を高めていくかがポイントになりそうです。

スマホEC売上アップのちょっとしたコツ50連発!

飯野勝弘さん(モバイルコマース)

いかにスマホのシェアが高くなっているか。楽天もスマホ経由がPC経由の売上を抜いた。

パソコンは5秒で離脱、スマホは1秒で離脱。つまり、まったくスクロールせずに離脱する。
離脱率は50%以下を目指す

タップできるかどうかを視覚的にわかるようにする

タップ数とページ数は徹底的に短くする
もっと見るで次のページに飛ばさない。アコーディオン表示。ページ遷移で1秒でも待たせるとまずい

ページは長ければ長いほどいい

ページを軽くする 楽天2M、ニッセン1M、ZOZOTOWNはさらに低い

スクロールして対象エリアが表示された際に画像をDLする

フッターにPCサイトへのリンクを設置する。1割くらいはパソコンのサイトを見たがる

「カートに入れる」ボタンの下で、電話で注文するボタンをつける
成約率が170%伸びた例もある

ちょっとしたコツ

文章を使用するフォントは14px以上にする
40歳以上対象のサイトは16px以上

ボタンは高さ44pxで作成する
大きいほうが良い

縦長のページは上に戻るボタンを設置する

フリックを実装するときには、隣のフリック画像が少し見えるようにする。画像が一部見えていることで、他の画像があることがわかる
特にファーストビューは4枚は写真を見せる
詳細ページでは最低8枚。写真は多いほどよい

動画は15分から1分にする
再生時間が掲載されていたほうがより良い

トップページのリンクを設置する
お気に入りボタンは必須
グローバルメニューは5が限界
下部にトップページに戻るリンク
商品点数が多い場合はファーストビューに検索窓を用意

トップページの構成は2カラムよりも1カラムがおすすめ

カテゴリリンクには件数とアイコンを入れる

トップページに会社概要や電話番号を掲載する

商品一覧は無限スクロールが良い。下部にスクロールすると自動更新で新しい商品

商品一覧で1行でもいいのでキャッチコピーを入れる。

商品一覧の下部に別カテゴリーメニューを入れる

タップすると背景の色が変わるようにする

ECサイト3種の神器
ランキング 何が一番売れているかを知りたい
レコメンド
レビュー

商品詳細の写真は8枚、ローテーションで画像を切り替え続ける

カートボタンは大きくして、カートの下に「お気に入りボタン」を入れる
お気に入りのボタンの横に人数を入れる

ユーザーレビュー
店舗の声ではなくユーザーの声を入れる

レコメンド
店舗からのオススメは入れる
どんな商品が旬なのか、人気なのか

アップセルは2割いける

クロスセル セットで販売できる商品をオススメしてついで買いを促進 これも1割くらい

商品詳細ページには最低でも2つはカートに入れるボタンを入れる
3つ入れるケースもある

カラー、種類、サイズなどはプルダウンではなくて、ラジオボタンで選択肢の数だけボタンを設置

カートの画面では、レジに進むのボタンが追いかけてくるようにする

カートの画面ではトップやカテゴリのページに飛べるようなリンクを設置しておく

個数を選択したあとには必ずページ遷移なしで価格などを自動計算する。「再計算」というボタンを置くのは最悪

新規を優先させる。すでに会員になっている人向けのログインフォームを新規会員登録よりも上で見せるECサイトがあるがもったいない。

スマホEC売上アップのちょっとしたコツ50連発!の感想

すごく参考になるセッションでした。

全部実践するだけでかなりCVRが上がりそうです。

今回のセッションでは50箇所でしたが、77箇所がまとまっている資料がダウンロードできるそうです。

スマホの売上を上げるサイト改善 | 株式会社モバイルコマース

手間と時間をとことん節約 効率よく結果を出すSEO

住太陽さん(ボーディ)

ECサイトではSEOはそんなに重要ではない。

インフォメーショナルクエリ
ナビゲーショナルクエリ
トランザクショナルクエリ
の3つのうち、インフォメーショナルクエリに絞ってSEOをするのが効率的。
なぜならトランザクショナルクエリは競争が激しいうえに、リスティング広告が多数掲載されていて1位になったとしてもそれほどクリックされないため。

SEOでなんでも解決しようとしてはいけない。対象となる顧客ごとに適切な集客方法は異なる。

以下は顧客層別の集客方法の例

そのうち客 Facebook広告
おなやみ客 SEO
いますぐ客 リスティング
いちげん客 メルマガ
おとくい客 ソーシャル

悩んでいる人に対して役に立つコンテンツをつくってSEOしていくことで、購入する前の段階で見込み客との関係づくりをしていく。

手間と時間をとことん節約 効率よく結果を出すSEOの感想

トランザクショナルクエリばかりに集中してSEOしている会社が多いので、そういった会社の人が聞けば目から鱗だったのではないかと思います。

住さんは集客のことを何でもSEOで解決しようとしている人のことをSEO病にかかっていると言ってましたが、そうならないように常に他の方法と比較して、手法ありきで考えることがないようにしたいものです。

間接効果だけではない、売上を上げるユーザーレビューの使い方

岩本庸佑さん(ギャプライズ)

レビューとは
・スターレーティング
・タイトル
・本文

商品レビューだけではなく、サイト(お店)自体へのレビューもしてもらう

世界でレビューツールの大手はYotpoBazaarvoicePowerReviewsの3つ

日本ではNaviPlusレビューが強いそうです。

レビューする人にVerified Buyerなどのアイコンをつける

ネガティブなレビューでもちゃんと中身があるものはユーザーにとって価値がある。なぜならそのネガティブなレビューをつけることになった原因がわかれば、その原因を許容できるユーザーにとっては問題ないから。たとえば納品が2週間以上かかって待たされたという理由で星1つのネガティブなレビューをした人がいたとしても、待つことが問題ない人にとっては確認になる。

間接効果だけではない、売上を上げるユーザーレビューの使い方の感想

当日会場でPCのバッテリーが切れたため、メモしきれてないのですが、レビューを使うことで具体的にどれくらいCVRに貢献するかというデータがあったので参考になりました。
レビュー機能は追加すれば効果がある施策だというのは理解しているものの、他にやることが多すぎて手がつけられていないというECサイトが多そうです。
工数減らして導入するためにも、ギャプライズさんが提供しているYotpoのような簡易的に使えるようにするASPのツールを使って試すのがよさそうです。

ネット広告で”100%確実”に効果と売上を上げる仕組みとは?

加藤公一レオさん(売れるネット広告社)

CPAばかりに着目されているが、ライフタイムバリュー(LTV)をあげるCRMの仕組みを構築するほうが大切
LTVが低い状態では、せいぜいリスティング広告で採算の取れるキーワードをなんとか探して出稿するくらいしかできない

セッションの内容としては以下の書籍の内容とほぼ同じものでした。いい本だったのでECサイト運営している方は一読をおすすめします。

<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み <ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み
加藤公一 レオ

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 13172

Amazonで詳しく見る

商品ごとにランディングページ(LP)を必ず用意して、広告はそこに飛ばす

確認画面でアップセル、クロスセルをすることで引上率をあげる

ステップメールをユーザーが購入した時間と同じ時間に送ることで開封率や引き上げ率を上げる

ステップメールで送るURLに個人情報を含めておいて、LPでは1クリックで追加注文ができるようにする

ステップメールで送るLPはリピート専用のものにする

同梱するチラシはウェブ用のものにする。チラシに検索ワードやLPのURLを入れる。ウェブで注文した人にハガキや電話で申し込みさせようとしない。

売れるネット広告つくーるというツールで説明した内容が実施できる。

ネット広告で”100%確実”に効果と売上を上げる仕組みとは?の感想

プレゼンが非常に上手くてとても参考になりました。自社のビジネスにつなげるオファーをちゃんと出しているセッションはCSS Niteでは珍しいので特に印象的でした。

商品ごとにLPをつくることが前提なので、取り扱っている商品点数が少なくて、特定の商品の売上比率が高いECサイトほど有効な方法だと思います。

全部やりきれば何もしていない会社はたしかに100%確実に費用対効果が上がりそうです。

ものづくり補助金が不採択となったので原因を考察

先日数日かけてものづくり補助金の申請を出したのですが、残念ながら不採択となりました。

不採択の理由が開示されないので、自分で推測するのがないので考えてみました。

直近の決算内容がよくなかった

ものづくり補助金の申請には、資料として直近の決算資料を提出する必要があります。
申請書の提出時点の弊社の前期の会社の決算は赤字になっており、業績が良くないように見えるのでそれが原因かもしれません。

数年間赤字になっていて、最近ひさしぶりに黒字を出したので、ものづくり補助金提出時の前期決算は赤字でした。

ただ、もうすでに黒字に変わったので、次に出すときには前回よりはまともな決算書が出せるので、もし決算書の内容が原因だとすれば次に出したときは通りやすくなりそうです。

ビジネスモデル自体が微妙だった

提案したビジネスモデルはけっこう自信があるものだったのですが、審査員の方から見ると駄目なものだったのかもしれません。

かなり新しい感じのもので、インターネット系の人に説明するとしてもすぐに意図をわかってもらえない可能性があるものだったので、内容を理解してもらえなかったのかもしれません。僕が書いた書類の説明のしかたが悪かったということなので、次回は改善します。

また、ビジネスモデル自体ももっとシンプルでわかりやすいものを選ぼうと思います。

書類に不備があった

認定支援機関である信用金庫の担当の方にも確認してもらっているので、これはたぶんないと思うのですが、もしかしたらどこか書類に不備があったことで通らなかった可能性もあります。

これが理由だったなら、おとなしく専門でコンサルティングをしている税理士などに依頼すべきでした。

経費の明細に不備があった

経費の詳細を他社からの見積書として出す必要があるのですが、今回前準備がたりておらず、見積もりを他社に依頼する時間がなかったため、グループ会社でつくった見積書を出しました。金額感はちゃんと市場価格に沿っていて妥当な見せ方になっていたと思うのですが、1.海外の企業だった、2.グループ会社の名義で見積もりを作成した のいずれかがNGだった可能性があります。

採択されているビジネスの傾向について

採択されたビジネスプランの一覧を見ると、とにかくシンプルなものが多いようなので、次はわかりやすさを重視してビジネスを選んでまた応募してみます。

諦めなければそのうち採択してもらえるような印象があるので、続いている限りは出し続けます。幸いなことに書けそうなビジネスモデルはいろいろとストックがあるので、それほど書くのは苦ではないです。

次は事前準備をしっかりして、3,4日は書類を書く時間にあてられるようにします。

補助金のためだけに事業計画書を書くのではなくて、補助金に採択されようがされまいがいずれにせよ進める予定の事業について自分の考えを深めるために書きます。