アジア経営者連合会というHISの澤田さんがつくった経営者の集まる会があるのですが、そこの理事をされている方とお会いしたことがきっかけで、例会に参加させてもらってきました。

長期にわたって増収増益を継続していることで有名なニトリの似鳥社長の講演があり、勉強させてもらってきました。

成功の5原則として以下についてそれぞれ説明されていました。

1.ロマン(大志)
2.ビジョン(長期計画)
3.意欲
4.執念
5.好奇心

小から大への絶対条件 経営者として学んだ10箇条

1.夢がなければダメ(ロマンチシズム)
2.努力しなければダメ(ハードワーク)
3.努力をしても勘所を外してはダメ(我流の否定)
4.転換しなくてはダメ(乗り換え)
5.させる幹部がいなくてはダメ(ともに来る)
6.数字を無視してはダメ(科学的経営の第一歩)
7.立場を変えなければダメ
8.会社らしい体制がないとダメ(企業文化)
9.教育計画が違うとダメ(ハードな厳しい選抜)
10.原理・原則無視の試行錯誤はダメ(学ぶ態度)

企業理念やハードワークはもちろんですが、3.6.10あたりに成長し続ける要素があるのだと思いました。

成長している会社は成功体験を引きずって我流になっていくことが多そうですが、ニトリさんは常に謙虚に学び続ける姿勢があるからこそ伸び続けられるのかなと。
いまだにアメリカの同業の店舗を見に行って真似をしているというようなことを講演の場で公言されていたことが印象的でした。28期増収増益の見込みで世界的に見てもトップクラスの経営をされていて、自社のノウハウを誇って説明できるはずなのにもかかわらず、まだアメリカの現地の企業から学んでいることを大勢の前で話すことから、トップの姿勢が組織として学習できる体制を維持できる要因になっていると考えました。

仕事に集中したいということもあって、今までこういった会合などには一切入らないようにしているのですが、たまに見学させてもらうと参考になるところが多いです。