インドネシアで法人登記代行やライセンス取得などの料金などを調べています。

ライセンスやワークパーミットの取得など登記周りの業務をすべて任せて、だいたい以下のような金額感です。
あまり数をまわれてないので、相場としてあってるのかはわかりません。

日系の高いところ 10,000ドル強
日系の安いところ 6,000~8,000ドル
現地企業 2,000~3,000ドル

やはり日系に依頼するとはるかに高いです。

1.なんとなく不安なので日系に頼もうと考える人が多い
2.英語で契約書とか読むの大変だから日系に

の2点が理由で、毎回同じ申請方法なので作業にコストはそれほどかからないないはずなのに高いまま維持されています。当然追加の付加価値を提供している会社もたくさんあるのでしょうけれど、サービスの違いを判別するのは難しいです。

依頼したことがある知り合いがいれば、その会社はまともということがわかるので、1,2の問題ともに解消します。海外の発注先情報を共有することには価値がありそうです。日本の企業が進出するためのさまざまなコストを下げることは日本にとっても進出先の国にとってもよいことなので、最初の障壁をできるだけ下げるためにできることはないかを考えてみます。海外に出てくる会社を増やすために情報の格差をなくしていくことに貢献したいです。日本人でなくてもできる仕事を日本人同士でまわしあっていても、いつかは現地企業に依頼したほうがよいことが周知されていくでしょうから、長い目で見れば続かないと思います。

法人登記、ライセンス取得の話に戻りますが、もし誰の紹介でもなく会社を選んで失敗したら、設立が遅れることで何よりも貴重な資源である時間を失うことになります。なのでローカルの会社を使うのをためらう気持ちも正直ありますが、設立するとなったらできるだけローカルの会社に依頼したいです。