まだ直近というわけではないのですが、移住するならバンコクとシンガポールのどちらが良いのかを調べています。

バンコクはもう数えきれないくらい訪問しているのですが、シンガポールは数回といったレベルなので、今後東南アジアの国に行くときにはついでにシンガポールに寄って少しずつ実態を把握していこうと思います。

シンガポールのメリット

東南アジアのどこに行くにも近い。日本に戻るときにもバンコクよりは近い
税金が安い
東南アジア中から優秀な人が集まっている
渋滞がない
ヘッドクォーターをおいているグローバル企業が多い
英語が通じる

シンガポールのデメリット

家賃など生活費が高い
人口が少ないので現地の市場が小さい
給料が高い。平均が日本とあまり変わらない。ハイレベル層を取るのは良いが、新卒やそれに近い層だと厳しい。
新卒などのスキルがバンコクとはるかに違うかというとそんなことはなく、できることは同じなのに給料だけ高くなる。

バンコクのメリット

生活費が安い
タイの現地市場の規模がそれなりにある。人口は日本の半分くらい。
人件費が安い
なんでもあって便利
食事が安くてもおいしいものが多い。いろいろな国に行きましたが、安い金額の食事も平均的に美味しいのはタイ、ベトナム、日本くらいなんじゃないかと思います。

バンコクのデメリット

治安は良いが、シンガポールと比べれば悪い
政情が不安定。定期的にクーデターが発生。現在は軍事政権。
渋滞があり、たまに無駄に時間がかかる。
税金がシンガポールと比べて高い
英語が通じない人が多い。(ただ、ある程度以上の規模の会社の役職者は話せる人が多い)

生活のしやすさはそんなに変わらないような気がするので、ビジネスのしやすさで判断すると現地の市場に集中にするならバンコク、そうでないならシンガポールになりそうです。複数の国を横断的に見るのか、それともタイの市場に注力するのかを考えて決めようと思います。

妻の話

それぞれの国の感想だそうです。

バンコク

安い。
電車も主に3本のラインがあり、表示もわかりやすく初見者でも乗れる。
購入も、安いエリアと高級買い物エリアが分かれていて買い物しやすい。

シンガポール

余裕があり優しい人が多い。街並が綺麗。インフラもしっかりとしている。
バスも沢山通っており、電車だけに限らず交通手段が選べる。バンコクは外国人女子一人だとタクシーすら危険に感じる。その点、タクシーも乗りやすい。乗車前に目的地や値段の交渉の必要が無い。
住所の表記が最高にわかりやすい。英語でコミュニケーションが取れること。
子供が一人で歩ける。街の中に緑や広場が多い。交通量が少なく、渋滞は滅多にない。