「運用型広告 プロの思考回路」というGoogle、Yahoo!、Facebook広告などの実践的な運用方法についてまとめられた本を読みました。

実際のクライアントの実績データを含めてどう改善していったかが解説されているので参考になりました。
運用型広告をある程度触ったことがあって、一通りの機能を把握している人向けの内容です。

現場でクライアントがどんな要望を持って運用しているのかがクライアント側担当者の雰囲気なども含めて書いてあります。フィクションなのか実施からかなり時間が経過したクライアントのキャンペーンについて許可を得て書いているのかわかりませんが、実際にありそうなシチュエーションが描かれています。

すごく良かったので社内で回覧しようと思います。

運用型広告 プロの思考回路 AdWords/Yahoo!/Facebook広告の効果を最大化するベストプラクティス (WEB PROFESSIONAL)
運用型広告 プロの思考回路 AdWords/Yahoo!/Facebook広告の効果を最大化するベストプラクティス (WEB PROFESSIONAL)

以下はやりきれてないところを自分なりにまとめたメモです。

リタゲをプレースメント指定してチューニングする。ある程度以上にリストの規模があるのにやりきれていないアカウントがなくなるまで実施。

Googleアナリティクスの「モデル比較ツール」でデバイス×メディア×配信手法ごとの間接効果を、起点、接点、終点の3つで算出。

アトリビューションとグループ、キャンペーンごとのLTVの組み合わせで費用対効果を計測しつつ運用する
単発ではなくLTVを考慮したROASで目標CPAを設定して広告を運用するのは意外とできてないことがある。クライアント側でLTV

Googleアナリティクスの拡張eコマース機能で、トランザクションデータ、クライント所有ユーザデータ、運用型広告データなどを紐付ける

ディスプレイ広告における類似ターゲティングの利用。コンバージョンしたユーザーに類似したユーザに広告配信。コンバージョンユーザの数がそれほど多くないサイトの場合は、フォームの訪問をリストにするなどして、できるかぎりコンバージョンに近いページで類似リストをつくる

「商品リスト広告」「動的検索広告」の利用

Facebook広告はプレースメントを設定せずにすべての掲載面に配信すると右側の広告枠に低いCTRの広告が掲載されてスコアが低下してしまう。それにより、ニュースフィードに掲載したいタイミングで広告が表示されず機会損失になる可能性がある。また、1つのキャンペーン内でもターゲットが同じでプレースメント設定だけを変えた広告セットが複数存在すると、右側の低CTRの広告がキャンペーン全体のパフォーマンスにも悪影響を及ぼす。スコアの観点からプレースメントが異なる場合には別のキャンペーンにしたほうが良い。

データフィードによる業種特化型の広告が増え続けるので、最新情報を常に集めて使えるものはちゃんと試す