タイで会社を立ち上げてから2年ちょっと経過しましたが、最近では安定してサイトから問い合わせをいただけるようになってきました。

タイで新しくインターネットビジネスをはじめようと検討している会社の責任者の方をターゲットとして、さまざまなキーワードでSEOをして、上位にもっていくことで集客しています。

大量のワードを対象としてたくさんコンテンツをつくり、必要に応じてドメインを分けて集客するということをやっています。
現状集めやすいのは、競争相手が少ないために、たいていのワードで簡単に上位にすることができるという状態だからです。

僕らの提供しているサービスはSEOなのですが、ホームページ制作やシステム開発などのSEO販売のフックとなるサービスに関連した周辺ワードも拾っていってます。また、日本語だけでなく、英語やタイ語でもページをつくってまして、日本よりも英語圏からのアクセスのほうが多いです。

日本の会社でも同じことをしていて、それなりに頑張っているのですが、競争が少ないせいかタイの会社のほうが問い合わせが多いです。やはり小さなマーケットでも1番になっていることが重要だなと実感します。

国名とサービスに関連したキーワードを組み合わせた検索で集客するのはかなり穴場で、ほとんど競争相手がいなかったり、いてもSEOの基礎ができてなかったりするサイトが競争相手だったりするのでおすすめです。

日本だったら取引にこぎつけるまでかなり大変そうな大きな会社の支社から連絡をもらったりできます。広告なしでもサイトを制作して2週間くらいで問い合わせが入りはじめるので、サイト構築の費用対効果が非常に高いです。

日本の会社ではSEOに限らず、海外向けのインバウンドマーケティングをサービスとして提供していますので、興味がある方はお問い合わせください。日本語だけでなく英語や現地語を使った集客にも対応してます。