先日インドで会社を作っている人と飲んできていろいろと教えてもらいました。

インドではまだカーストが根強く残っていて、一部のコミュニティサイトなどの運営にも影響を与えているそうです。カースト別にサイトが分けられているそうです。
カーストごとに管理運営するとなるとかなり大変そうです。

現時点での職業や地位よりもカーストが重要視されるために、貧しい人が比較的豊かになった中間層を蔑むというようなこともいまだに残っているそうで、今後しばらくは残りそうだという話を聞かせてもらいました。

インドだけではないと思いますが、外国でビジネスをする際にはこういった見えづらい慣習や制度、文化、宗教などをどう織り込んでサービスを設計するかを考えるのが必要ですね。

あとは、IT系の会社はBPO専門であることが多く、現地をマーケットして仕事をしている会社は少ないということでした。アメリカの会社の下請けで作業していることが多いそうです。インドの南部で仕事をされている方なのでデリーやムンバイではまた事情が違うのかもしれません。

BPOは何かしらの製品の検査などの単純作業が多く、仕事の受注後に大量に人を雇って、プロジェクトが終わると解雇するを繰り返している会社が多いそうです。