Categoryインドネシア

インドネシアの結婚式の服装や流れなど

インドネシア人の友人の結婚式に呼ばれて3泊4日でジャカルタに行ってきました。
友人の幸せそうな姿を見ることができて良かったです。

事前に服装や祝儀などについて検索して調べてみたのですが、サイトによって書いてあることが違いすぎて、いまいちよくわかりませんでした。おそらく宗教の違いや信仰の度合いなどによってだいぶ様式が違うのかなと思います。同じムスリムでも、家庭によってだいぶ違いそうです。

実際にインドネシアの結婚式を体験してきたのでどんな感じだったかを紹介します。
新郎新婦の宗教の詳細は把握していませんが、新婦は普段からヒジャブ(ムスリムの女性が頭に被る布)をつけていない方です。

ジャカルタにあるショッピングモールに併設されているボールルームで開催されました。
開始は夜の7時から10時と、けっこう長い時間でした。
夜7時に行ってみると、すでに300名ほどの参加者がいらっしゃってました。

同じようにはじめてインドネシアの結婚式に招待された方のために、簡単にどんな雰囲気だったかを書いてみます。

服装のマナーについて

いろいろと調べて、バティックというインドネシアの正装を購入して着ていきました。グランドインドネシアという大きなショッピングモールの中にあるアルンアルンという雑貨屋で買いました。バティックはだいたい6,000円~35,000円くらいで売られていました。なんとなく高級っぽいお店でした。

服装は結論から言うと、別にバティックでなくて、いつも日本で仕事しているスーツで大丈夫でした。

心配していたのは杞憂で、完全に自由でした。
Tシャツとジーパンというすごくラフな格好の人も何人もいて、なんでもありでした。

なお、バティックを着ている人よりは、スラックスにワイシャツとジャケットといった服装の人のほうが比率としては多かったように感じます。

女性もかなり派手なドレスを着ている人が多く、肩も大きく出ていたりと、自由な感じでした。

祝儀の金額や渡し方について

調べたところ、ご祝儀の相場はだいたい50,000ルピアから500,000ルピアとのいろいろなサイトなどに記載があったので、すごくお世話になってることもあり、最高金額を持っていきました。といっても日本円で5,000円以下ですから、もっと持っていったほうがいいか少し悩んだのですが、変に目立っても逆に気を使わせるかと思って制限してしまいました。

受付で渡すのかと思ったのですが、特に他の人が渡している様子がなく、どこで渡すのかわからず、入り口にいた新郎新婦に直接手渡ししました。

アルコールなし

やはりアルコールは提供されておらず、乾杯はコーラでした。

新郎新婦によるシャンパンタワーの催しもあったのですが、ボトルはシャンパンと同じ見た目でしたが、中身はたぶんシャンパンではなく何らかの炭酸飲料でした。

あとは主に水が提供されていました。スプライトとか炭酸料も少し提供されてましたが、あまり飲んでいる人はいませんでした。

立食バイキング形式

食事は立食のバイキング形式で、各自が自分で食事を取り分けて、適当なテーブルに持っていって食べます。

結婚式だけの特別な食事があるのかと思ってましたが、日本の結婚式と同じで、特に結婚式だけで出ていそうなメニューはないように感じました。ぼくはインドネシア料理に詳しくないので、実は変わったメニューが出てた可能性もありますが。

流れは日本とあまり変わらなかった

新郎新婦の家族が入場、そのあと新郎新婦が入ってきて、新郎の挨拶で乾杯となりました。
乾杯のあとは参加者が新郎新婦およびご両親と挨拶するために列をつくり、順番にお祝いの言葉を伝えて握手します。その後バイキング形式という流れです。

司会の人がいて、様々な催しの進行役となります。

ケーキカット、シャンパンタワー、ブーケトスのようなぬいぐるみトス、新郎新婦との順番での写真撮影などがありました。
あと、歌手、サックス、エレクトーンによるライブ演奏がありました。

参加時間と入退室が自由

これが日本との最大の違いだと感じましたが、最初から全員が集まるわけではなく、途中でパラパラと人が増えたり減ったりしています。つまり、特に参加する時間が決まっておらず、指定された時間の範囲内であればいつでも自由に入退室できるようです。開始は7時からだったのですが、皆さん仕事が終わってから順次集まってくるといった感じでした。
最初に新郎新婦と挨拶して、食事をしつつ知り合いなどと話して、再度新郎新婦と写真を撮ったり話したりして帰るといった流れのようです。
7時にはじまり、8時30分くらいから人が減りはじめ、9時30分くらいには8割ほどはすでに帰ってました。

宗教を感じる要素はほぼありませんでした

新郎新婦は西洋式のタキシードにウエディングドレスで、内容も立食で途中の入退室自由というのはありましたが、催しなどは日本と変わらないなという印象でした。
イスラム教について感じるような点はアルコールと豚がないくらいでした。

あまり気負わず気軽な感じで参加しやすいなと思いました。新郎と同じ高校にかよっていた共通のインドネシア人の友達が式場に来ていて少し話したのですが、式が終わりかけているタイミングで立ち寄って簡単に挨拶して帰るといった感じでした。

インドネシアへの送金ならスピードマネートランスファーがおすすめ

最近インドネシアに送金するのにスピードマネートランスファージャパンという会社を使っています。メガバンクなどの普通の金融機関を経由して送金するよりもはるかに楽だし、手数料も安いなのでオススメです。

メガバンクで送金してたのですが、窓口まで行くはめになってしかもやたらと待たされるし、なぜか請求書などのエビデンスを求められてときには疑うような感じで質問受けたりと、とにかくストレスが溜まります。しかも手数料が非常に高く為替レートも悪いという何もいいことがないので、スピードマネートランスファージャパンという会社に切りかえました。

送金の流れ

1.まず、会社として登録する必要があります。登録すると会員番号と、ゆうちょ銀行の口座情報が送られてきます。

2.海外送金したいときに、手数料と送金したい金額の合計金額を指定されたゆうちょ銀行の口座に振り込みます。

3.SMSで社名、会員番号、送金先の口座名義、銀行名、支店名、Swift、口座番号、送金したい金額を送ります。

4.1営業日以内に送金が完了します。

スピードマネートランスファージャパンのメリット

ネット銀行でゆうちょ銀行の口座に振り込み、SMSで送金指示をするだけなので、金融機関の窓口に行くのとくらべてはるかに楽で早いです。

送金手数料が安く、大きな金額を送っても1,800円で済みます。

デメリット

1日あたり100万円までしか送金できないそうです。

問題としてスピードマネートランスファーの口座を介して送金することになるので、銀行口座の振り込み先の履歴がスピードマネートランスファーの名義になってしまいます。

そのため、明細を記録、保存しておいて税理士の先生に内訳を送らなくてはいけません。

サイトはこちらです。
SMTJ K.K.

インドネシアでしか試していないのですが、フィリピンにも送金できるようです。
もともとフィリピン向けにサービスを開始するところからはじまった会社で、最近インドネシアへの送金サービスをはじめたみたいです。
インドネシアルピア、フィリピンペソ、米ドル、ベトナムドンのレートがサイトに記載されています。

このサービスのおかげで、とにかく面倒で不快な作業だった海外送金の手間をだいぶ減らせました。窓口に行かないと駄目なサービスが
もっと規制が緩和されて各国に向けて類似のサービスが出るといいですね。
楽天銀行やセブン銀行が海外送金に対応しているようなので、タイへの送金もオンラインに切り替えるためにこれから調べて試してみるつもりです。

このサービスよりもさらに良いサービスがありそうな気もするので、何かご存知の方は教えていただけるとうれしいです。

ジャカルタのブロックMの新オフィスでメンバー募集中です

ジャカルタのブロックMというエリアでオフィスを借りました。
ブロックMは日本人向けの日本食料理店やカラオケなどが立ち並ぶエリアです。日系の会社が多いスディルマン通りから南に少し行ったところです。
複数の日系企業が入居しているビルなので、インドネシアでずっと前からビジネスをしている先輩方にいろいろと教えていただけるのも魅力的でした。

だいたい20平米くらいのところで、5、6人で一杯になりそうです。家賃は1ヶ月700ドルで水道光熱費込みなので、お手頃な価格で貸してもらえました。
インドネシアでは1年分前払いが普通なのですが、借りたオフィスは大家さんのご好意で3ヶ月単位の支払いで良いとのことで助かりました。

スタートアップなので経費を抑えてこれくらい小さい規模からスタートして、少しずつオフィスを大きくしていきます。

渋滞がひどすぎて朝に車で出勤するのは避けたいため、オフィスから徒歩圏内でアパートやホテルなどの住むところを探しています。

このブログに辿りついているインドネシア人の方はほぼいないかと思いますが、インドネシア語と日本語の翻訳者・通訳者を募集していますので、お仕事を探している方がいらっしゃったら infoアットマークunimon.co.th まで履歴書や職務経歴書を添付のうえご応募ください。直接Twitterでご連絡いただいても大丈夫です。

新卒、中途問わずに採用しています。インドネシア語を高いレベルで使える日本人の方も募集しています。これから立ち上げる会社なので非常に小さな組織ですが、ゼロから作っていくのが好きな人は楽しめると思います。

オフィスの写真です。
office1

office2

「なんとなく不安」と言語の壁によるコスト

インドネシアで法人登記代行やライセンス取得などの料金などを調べています。

ライセンスやワークパーミットの取得など登記周りの業務をすべて任せて、だいたい以下のような金額感です。
あまり数をまわれてないので、相場としてあってるのかはわかりません。

日系の高いところ 10,000ドル強
日系の安いところ 6,000~8,000ドル
現地企業 2,000~3,000ドル

やはり日系に依頼するとはるかに高いです。

1.なんとなく不安なので日系に頼もうと考える人が多い
2.英語で契約書とか読むの大変だから日系に

の2点が理由で、毎回同じ申請方法なので作業にコストはそれほどかからないないはずなのに高いまま維持されています。当然追加の付加価値を提供している会社もたくさんあるのでしょうけれど、サービスの違いを判別するのは難しいです。

依頼したことがある知り合いがいれば、その会社はまともということがわかるので、1,2の問題ともに解消します。海外の発注先情報を共有することには価値がありそうです。日本の企業が進出するためのさまざまなコストを下げることは日本にとっても進出先の国にとってもよいことなので、最初の障壁をできるだけ下げるためにできることはないかを考えてみます。海外に出てくる会社を増やすために情報の格差をなくしていくことに貢献したいです。日本人でなくてもできる仕事を日本人同士でまわしあっていても、いつかは現地企業に依頼したほうがよいことが周知されていくでしょうから、長い目で見れば続かないと思います。

法人登記、ライセンス取得の話に戻りますが、もし誰の紹介でもなく会社を選んで失敗したら、設立が遅れることで何よりも貴重な資源である時間を失うことになります。なのでローカルの会社を使うのをためらう気持ちも正直ありますが、設立するとなったらできるだけローカルの会社に依頼したいです。

インドネシアのジャカルタに視察、起業準備に行きます

2日前の夜タイから日本に戻ってきたのですが、今日からインドネシアに10日間ほどいってきます。

いつも出張に行く時には予定がどう変わるかわからないので直前に航空券をとるのですが、今回は半年以上前に予約してました。早くジャカルタに行かないとまずいと思いたち、とりあえず航空券とって予定埋めてしまって無理にでも行くことにしました。

ジャカルタの状況を現地企業に伺って聞かせてもらいつつ、日系企業にも伺って進出の際のアドバイスをもらってこようと思います。

インドネシアは伸びしろとしては東南アジアの中でも一番だと思うので、滞在中にいろいろと見てまわって感触をつかんでくるようにします。

以下のような点を見てきます。

・現地の人の気性や仕事に対する考え方

・現地のC向けビジネスと、その分野への外資の参入の現状

・オフショア先として使われている分野と発注元の国について

・現地で流行しているもの

・会社の登記方法や採用方法など現地での起業のために必要な情報

正直すぐにはじめられるかというとわからない状態なのですが、直近ではないにしろ、いつかは進めるという前提で準備してきます。