タイで仕事をしていてよく意識することになったのが、言語差によるコミュニケーションコストです。

人件費が高額になってしまうので、全員日本語が話せるスタッフにするわけにもいかないので、英語をある程度読み書きできる人を採用しています。
スカイプチャットやメールなどでやり取りをするわけですが、やはり直接会話するのと比べると時間がかかります。

日本語が話せる通訳スタッフがコミュニケーションのボトルネックになってしまうという現象が発生して、それが原因でかなりのムリ、ムラ、ムダが生まれているような気がします。現在ほぼすべての日系企業でもっとも高給取りであろう日本人へのインプットが通訳・翻訳者を通じて行われるわけで、もろに作業時間やアウトプットにかかわってくるためです。高給をもらっているいわゆる「考える仕事」をする人のアウトプットが、通訳・翻訳者のレベルに応じて制限されてしまいます。そのため、最初に通訳・翻訳者として高い金額を払ってでも特に優秀な人を採用すべきですね。

また、通訳者が保有している情報が全体に共有されない、もしくは共有されていたとしても正しく伝わらないという問題が考えられます。
幸いにも今一緒に働いている方々は大丈夫なのですが、自分の都合のよいように情報を修正して社内に伝える人が通訳としてハブになってしまい、しかもそれがごく少ない人数だったりすると目も当てられないような事態が発生するのは間違いありません。

タイのバンコクの場合は進出前に想像していたよりも英語が話せることによるプレミアムが高かったみたいです。完全に調査不足なだけなので、今後はもう少しきちんと日本語もしくは英語が流暢な人を採用するために上乗せしなくてはならないコストというのをきちんと見積っておきます。