何度かECサイト運営やウェブマーケティングについて教えてもらったりとお世話になっている竹内さんの新刊「ネットで儲ける王様のカラクリ ~物語でわかるこれからのWebマーケティング」が出ていたので買ってきて読みました。これからはじめてネットビジネスに取り組む方にはぜひ読んでほしい本でした。業界ですでに働いている方はどこかで聞いたような話が多くて楽しめますし、新しい気づきもあると思います。

「ホームページ制作なんて、人間の仕事じゃない」
というキャッチーなフレーズが出てくるのですが、クライアントにまったく採算のあわないであろうサイト制作を提案する悪質な会社を登場させて、そこがどんなサービスを提供しているかを説明することで、どういうやり方が駄目なのかを伝える形式になっています。インターネットビジネスは外注して他社に完全に任せてしまう形で上手くいくほど甘くないということがよくわかります。

自社の強みを活かしてちゃんとコンテンツをつくり、ネットだけで完結させずにリアルも含めてビジネスを構築する必要があるということが、花屋のサイトを例に解説されてます。

僕もネット業界でしばらく働いているので、やる前からこれは明らかに失敗するだろうという企画と出会ったことが何度もありますが、そういう企画を立案するのを避けられる本です。上手くいくかどうか微妙で失敗する確率が高いことがわかっているがあえて挑戦するのと、無知なことが原因であきらかに駄目なサイトを作るのは話が別です。
できるだ成約率を上げるためのサイトの制作や集客をどうするかといったテクニックの問題ではなく、そもそものビジネスのコンセプト設定を間違えないようにするべきということが本書を読めば理解できると思います。

ネットで儲ける王様のカラクリ ~物語でわかるこれからのWebマーケティング ネットで儲ける王様のカラクリ ~物語でわかるこれからのWebマーケティング
竹内 謙礼

技術評論社
売り上げランキング : 3419

Amazonで詳しく見る