フィリピンのPEZA(フィリピン経済特区庁)という投資優遇制度のメリットとデメリット

フィリピンにはPEZA(Philippine Economic Zone Authority)という外資を誘致するための投資優遇制度があります。タイでいうBOIと似たような制度です。

現在、PEZAの概要について多くの方から聞かせてもらいつつ検討しています。メリットとデメリットをまとめてみます。

メリット

  • 外資100%で設立可能
  • 発起人や取締役を外国人だけに設定できる
  • 法人所得税、消費税、関税などが4年間免税される
  • ビザの取得が楽になる

デメリット

  • PEZAが指定したビルのうちのいずれかに入らなくてはならない
  • 審査がある
  • 定期的に報告が必要
  • 外貨での売上を全体の7割以上にキープしなくてはならない

大まかにいうと上記のような特徴があるのですが、現在デメリットのPEZAに指定されているビルの中から選ばないといけないという点に引っかかって悩んでいます。他のビルよりも平米あたりの単価が若干高めというのは別にたいした影響はなさそうなのですが、ミニマムで100平米前後と、どれも想定しているより広すぎます。5~10人くらいの規模を想定しているので、必要なスペースの2倍以上になってしまう計算です。

ビルの一覧は以下のように公開されているので、とりあえず小さめなところを検討つけて当たっていきます。
Operating Economic Zones

1 Comment

  1. フィリピンでFXトレーディグ会社を開設しPEZA申請の計画しています。
    1.セブがitで有名なので,セブ在住の方のブログを読むと,
    居住地域ではネットは安定していなくて,低速や切断を頻発。
    2.ビジネスパークでも日本人向けのO/Lの英会話学校のログを読むと
    1ヶ月に1回はネット切断を起こしています。(1年で12回。w)
    3.米系コールセンターは専用回線を敷いているらしい。[当方は,そんな資金はありません。]
    4.itパーク内でコールセンターを営んでいる日本人を紹介してもらうことになり,
    2月訪問して聞き取りをするつもりです。
    5.ネット切断は,英会話学校なら,その間,売り上げが無いだけ。コールセンターなら顧客がイライラするだけ。ソフト開発ではネットは常時接続ではない。しかしトレードなら致命的。

    もしご存知ならフィリピンの,特にセブの,ネット環境を教えてもらえないでしょうか。
    マカティが一番安定ですか。(しかし最近,大雨でネットが不通になったとニュースで見ましたし。)

    cf. タイ,マレーシアはjetro2006年レポートでは平均月1回トラブル。
    シンガポールはインフラに問題無しですが,資本金が不足します。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*