新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!をFacebookで多くの人が薦めていて、マーケティング施策をクライアントに提案したり、社内で企画を整理するときに役に立ちそうだと思って読んでみました。

商品企画の担当者がどのような点を意識していたかというコメントと共に実際の企画書が多数紹介されていて、参考になる書籍でした。
企画書の書き方の本をいままで何冊も読んできましたが、世の中に出回っているヒット商品で実際に使われた企画書を読んだほうが頭に入ってきますし、実務に応用させやすいと思いました。

特に参考になったのがウィメンズパークというベネッセが運営している女性向けコミュニティサイトの企画書です。
ユーザーの属性やニーズなどを整理して、それぞれがどのような機能を求めているかを表で整理しているのですが、サイトを立ち上げる前にこれだけ考えてから始めるというのはさすがだなと思いました。

他にも社内で上長や同僚を説得するための見せ方の工夫などがいくつも紹介されていて、組織が大きくなってきたときに企画を円滑に進めるためには効果がありそうな内容でした。

企画提案を仕事で定期的にしている人は目を通しておくとよいかもしれません。

新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい! 新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!
戸田 覚

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 1257

Amazonで詳しく見る

2つ知り合いの会社の企画書が出てました。
そのうちの1社は大きな変更だったので、社内の反対を抑えるために企画書を書いて周りに説明したとのことで、大きな変化を起こすためには社内向けであっても丁寧にやる意義や将来性を共有していく必要があることがわかります。