会社で今後も外国人のスタッフを増やしていく予定なので、採用方法についてまとめてみます。

Facebookで採用

Facebookには留学生や日本在住の方向けのコミュニティがあり、国籍別に集まっています。

そうしたコミュニティでは無料で求人を投稿できることがあり、投稿するとけっこう応募がくることもあります。

試しに複数のグループやページに投稿して反応を見るようにします。

日本語学校に求人を掲載させてもらう

日本語学校では、就職率を上げるという目的のために、無料でも求人を出させてもらえることがあります。

ポイントはあまり日本語が得意でない人がたくさん集まるということです。日本語は話せないけど優秀という人を集める場として考えます。

英語でコミュニケーションを取れる人であれば日本語を使えなくてもいいという方針にしています。

日本の大学院に進学することを目的に日本語を学んでいる人が多いので、アルバイトとしての採用になることが多いです。中には旦那さんや奥さんの転勤で日本についてきて、せっかくなので日本語を学ぶという人もいます。また、日本人と結婚して日本に移住してきたという人もいます。

大学

日本語学校と同じように大学で求人を出させてもらうこともできます。

国内の大学だけでなく、海外の大学も対象になります。

たいていみんな英語がペラペラなのが特徴です。

外国人専門の人材紹介会社、派遣会社

手数料がかかりますが、安定して候補者を推薦してくれるという意味ではよい方法です。

自力で探せる方法があるようならそちらを試したほうがよいのですが、それもまた人件費などの工数がかかりますから、どちらがより効率良いのかを都度判断します。

外国籍の社員からの紹介

たいてい日本にきている同じ国の人同士は繋がってますから、お願いすれば誰か紹介してもらうことができるかもしれません。私の会社でも紹介経由で入ってくれた人が数名います。

海外で採用して日本に呼ぶ

私はまだ試したことがないのですが、海外で採用して日本に来て働いてもらうという方法もあります。
海外の人材紹介会社や、大学に連絡すれば紹介してもらえるでしょう。

日本で働いてみたいという人は多いため、募集すればかなり優秀な人も集まりやすいと考えられます。

移住のための準備や費用などをサポートする必要があり、日本に来てからすぐに退職されてしまうと、かなり無駄な持ち出しが発生することになります。そのため人材の見極めが重要になってきます。

いきなり日本に連れてこられる人材かを判断するのは難しいと思うので、まずは海外オフィスで数年働いてもらってから、特に優秀な人には日本のオフィスに転勤するチャンスを与えるという方法になりそうです。

ビザの種類に注意

留学生ビザの場合は資格外活動の許可を得ていることが前提で、週28時間までしか働けません。週28時間以内でアルバイトとしてであれば採用できます。

社員の場合は就労ビザ、配偶者ビザなど、時間の制限なく働くことのできるビザが必要です。就労ビザは母国か日本の大学を出ていればそれほど取得するのは難しくないです。