自宅にあまりモノがないという人でも、海外移住となると国内での引っ越しとは違って
荷物を引き継げないので、家具などをはじめとしたモノをかなり処分しなくてはいけないと思います。

現地に運んでくれる引越業者もあると思いますが、運ぶよりも現地で新しく購入したほうが安上がりかもしれません。

モノを整理・処分するためのサイトをまとめてみました。

売るためのサイト

Yahoo!オークション

圧倒的な利用者数を誇る1人勝ち状態のYahoo!オークションです。壊れた家電、家具など、こんなモノが売れるのかというものまで入札が入っています。自宅のものを適当に出品してみれば意外と値段がつくかもしれません。

写真撮影や説明文の追加や価格設定などの出品のための作業や、落札者とのやり取りに時間がかかるのが難点です。
1つ1つ出品している時間がないという人は、類似のものをいくつかまとめて出品してみてはいかがでしょうか。
それでも時間がかかるので嫌だという人はリサイクル業者などにまとめて引き取ってもらいましょう。当たり前ですが、オークションで売ったほうがお金にはなると思います。
自分の個人情報を渡すのが恐いという人は匿名でのやり取りもできるようです。

リサイクル業者による訪問買取

自宅まで業者の人が来てくれて、まとめてモノを引き取ってくれるというサービスがあります。多くの荷物を自分の手を煩わせることなく処分できるのでおすすめです。

ネット型リサイクルショップの宅配買取

段ボールにつめて送ると査定してくれるというサービスです。
自宅にいながらにしてモノを売ることができますが、梱包や発送といった手間はかかります。

誰かにあげるためのサイト

Claigslist(クレイグズリスト)

モノのやり取りのためのサービスではなく、総合的な掲示板なのですが、結構活発に不用品のやり取りが発生しています。タダで誰かにあげることもできますし、値段を記載しておいて売ることもできます。複数の国で共通のデザインでサイトを運営していますので、移住先のClaigslistもチェックしてみてはいかがでしょうか。

Livlisなどの共有サイト

Livlisは、比較的最近はじまったTwitterを活用してモノをあげたりもらったりするサービスです。誰かに共有することで、他の誰かから何かをもらうことができるような仕組みになっています。

捨てるためのサイト

売る、誰かにもらってもらうなどできなそうなものは積極的に捨てていきましょう。どんどん捨てることで、はずみがついて整理・処分のスピードがあがっていくと思います。

廃品回収業者

家電などを転売することで利益をあげて、無料でそのほかの売れなそうなものの処分にも応じてくれます。金額が不透明なことが多いですので、事前に確認しておくことをおすすめします。

自治体の粗大ゴミ処分について説明するサイト

捨てるときにモノによってルールが決まってますので、それぞれどのような手順を踏まなくてはいけないのかを調べましょう。