最近はタイ人やインドネシア人を集客するための仕事をしていることが多いのですが、Facebookの重要性が日本よりも遥かに高いように感じます。

日本よりも普及率が高いこともあって、企業のFacebook活用が日本よりも進んでいます。
たとえば日本では、電車の中の中吊りや、駅の看板などでFacebookのアイコンのページのIDが記載されている例はそれほど多く見かけませんが、タイではかなりの割合でFacebookページのURLもしくはIDが記載されています。
タイでは飲食店の店内でもFacebookページにいいねを押すように促すチラシやPOPが置いてあることが多いです。日本だとたまにしか見かけません。

ウェブサイトを作らないで、Facebookページだけで集客しようとする事例も見かけます。スマホ特化のウェブサイトを別途作ったほうが良いとは思いますが、予算が限られているときに、ウェブサイトを捨ててFacebookだけに投資するというのはありだと思います。

バンコクのBTS(電車)の中ではLINEかFacebookかゲームをスマホで使っている人をよく見かけます。一方で、本を読んでいたり、音楽を聞いていたりする人は日本よりも少ない印象があります。

また、Facebook広告の費用対効果も日本とくらべて高いです。比較的競争が激しいジャンルでも1桁円でクリックを集められますので、物価の差を考えても1件獲得あたりの単価が日本よりも安く済みます。
あくまでも例ですが、1件の成約で得られる利益が日本の5分の1くらいだとすると、獲得するためのコストは10分の1といったジャンルがあるということです。

これはFacebook広告にかぎらず、Googleアドワーズにもいえるのですが、競争がほとんどないジャンルがまだまだ残っており、ライバル企業が参入してくるまではとても安く新規顧客を獲得できる状態になっています。

まさに先にやったもの勝ちです。

業界によってペースは違うと思いますが、あと2,3年くらいで日本と同様にCPCやCPAが高騰してくると考えています。

現時点ではタイやインドネシアのマーケティングではFacebookがなくてはならないほど重要なのですが、依存することに対する不安もあります。というのも、Facebookの仕様変更で、急激に集客が難しくなるかもしれないからです。

ユーザーのニュースフィードにFacebookページの更新がすべて表示されるわけではなく、Facebookが用意したアルゴリズムである程度ユーザーが興味を持ちそうなものだけを絞り込んで表示されています。

そのため、このアルゴリズムが変更されるタイミングでアクセスが大きく減少してしまうというリスクがあります。

1つのプラットフォームに依存することで、そのプラットフォームからのアクセスがなくなると事業が立ちいかなくなってしまうという状態は健全ではないので、避けたほうがいいでしょう。

Facebookを活用しつつも、他のプラットフォームも平行して活用していき、流入元となるサイトや見込み顧客リストを別で蓄積していくような仕組みが必要です。

LINE、メルマガなどはぱっと思い浮かぶところですが、他にも掲示板や口コミサイトでの評判の書き込みなどが流入経路としてはあります。タイではPantip、インドネシアではKaskusという掲示板が有名です。