Tag採用

外国人スタッフの採用方法

会社で今後も外国人のスタッフを増やしていく予定なので、採用方法についてまとめてみます。

Facebookで採用

Facebookには留学生や日本在住の方向けのコミュニティがあり、国籍別に集まっています。

そうしたコミュニティでは無料で求人を投稿できることがあり、投稿するとけっこう応募がくることもあります。

試しに複数のグループやページに投稿して反応を見るようにします。

日本語学校に求人を掲載させてもらう

日本語学校では、就職率を上げるという目的のために、無料でも求人を出させてもらえることがあります。

ポイントはあまり日本語が得意でない人がたくさん集まるということです。日本語は話せないけど優秀という人を集める場として考えます。

英語でコミュニケーションを取れる人であれば日本語を使えなくてもいいという方針にしています。

日本の大学院に進学することを目的に日本語を学んでいる人が多いので、アルバイトとしての採用になることが多いです。中には旦那さんや奥さんの転勤で日本についてきて、せっかくなので日本語を学ぶという人もいます。また、日本人と結婚して日本に移住してきたという人もいます。

大学

日本語学校と同じように大学で求人を出させてもらうこともできます。

国内の大学だけでなく、海外の大学も対象になります。

たいていみんな英語がペラペラなのが特徴です。

外国人専門の人材紹介会社、派遣会社

手数料がかかりますが、安定して候補者を推薦してくれるという意味ではよい方法です。

自力で探せる方法があるようならそちらを試したほうがよいのですが、それもまた人件費などの工数がかかりますから、どちらがより効率良いのかを都度判断します。

外国籍の社員からの紹介

たいてい日本にきている同じ国の人同士は繋がってますから、お願いすれば誰か紹介してもらうことができるかもしれません。私の会社でも紹介経由で入ってくれた人が数名います。

海外で採用して日本に呼ぶ

私はまだ試したことがないのですが、海外で採用して日本に来て働いてもらうという方法もあります。
海外の人材紹介会社や、大学に連絡すれば紹介してもらえるでしょう。

日本で働いてみたいという人は多いため、募集すればかなり優秀な人も集まりやすいと考えられます。

移住のための準備や費用などをサポートする必要があり、日本に来てからすぐに退職されてしまうと、かなり無駄な持ち出しが発生することになります。そのため人材の見極めが重要になってきます。

いきなり日本に連れてこられる人材かを判断するのは難しいと思うので、まずは海外オフィスで数年働いてもらってから、特に優秀な人には日本のオフィスに転勤するチャンスを与えるという方法になりそうです。

ビザの種類に注意

留学生ビザの場合は資格外活動の許可を得ていることが前提で、週28時間までしか働けません。週28時間以内でアルバイトとしてであれば採用できます。

社員の場合は就労ビザ、配偶者ビザなど、時間の制限なく働くことのできるビザが必要です。就労ビザは母国か日本の大学を出ていればそれほど取得するのは難しくないです。

グーグルの人事責任者による採用、育成、評価方法「ワーク・ルールズ!」

ワーク・ルールズ!はグーグルの人事担当上級副社長のラズロ・ボックによるグーグルの人事制度を解説した本です。
ラズロ・ボックは2006年にグーグルに入社して、従業員が6,000人から60,000人になるまでの過程で人事の仕組みを構築してきた人です。
グーグルがどのように採用や人事制度の構築に試行錯誤してきたかがわかって参考になります。

1.仕事の意味をもたせる
2.人を信用する
3.自分より優秀な人だけを採用する
4.発展的な対話とパフォーマンスのマネジメントを混同しない
5.「2本のテール」に注目する
6.カネを使うべきときは惜しみなく使う
7.報酬は不公平に払う
8.ナッジ-きっかけづくり
9.高まる期待をマネジメントする
10.楽しもう!(そして、1に戻って繰り返し)

以下は印象的だった点に関してのメモです。だいぶ省略されている箇所があると思います。

透明性が重要だと考えていて、新しく入ったエンジニアにもソースコードはほとんどオープンになっている。また、役員会の数日後には役員がどういった資料でプレゼンテーションが行われたかを共有している。また、定期的にCEOに直接質問できる時間が設けられている。

多くの企業が社員のトレーニングにかなり大きな金額を投資しているが、トレーニングに使う予算を使って最初から優秀な人を雇うことができるならそうするべき。A.成績上位10%の人材を採用して、すぐに素晴らしい仕事をしてもらう、B.平均的な成績の人材を雇い、トレーニングで上位10%にする という2つの選択肢をくらべたとき、あきらかにAのほうが効率がよいが、実はコストもAのほうが安いかもしれない。

gHireというGoogleが自社で構築したツールをつかって、求職者を追跡、管理している。一握りの傑出した企業についてはほぼ全員のリストを作り、誰がGoogleにフィットしそうなのかを評価している

優秀なエンジニアのチームが他の国にいたときに、そのチームの採用のためだけに現地オフィスをつくった

面接者を支援するためにqDroidというツールをつくっている。面接者が求職者に担当させようと思っている仕事を選んで、テストしたい属性にチェックを入れると、質問事項を自動的にはきだしてくれる。これによって有効な質問を出しやすくなる。

採用に関して当初すごくエリート主義だったのが、少しずつ学歴に対する意識を改めていった。

初期は採用に慎重になりすぎていて、最大で25回もの面接をしていたこともあった。しかし調べた結果、4回の面接で86%の信頼性で採用すべきかを判断でき、その後の面接では1回につき1%しか予測精度が向上しなかったために、最大4回に面接の回数を制限した。

グーグルガイストという匿名でスタッフ向けにアンケートを取る仕組みがある。3人を超える回答者を部下に持つマネージャーは全員、部下の回答を元にしたレポートを受け取る。これによってマネージャーは自分のやり方をチームメンバーがどう見ているかがわかる。

業績評価と人材育成は完全に切り離して取り組むべきもの。

ミーティングの前後で簡単なフィードバックをすることで日々改善される。

社員のトレーニングは管理職にとって最も効率の高いパフォーマンスを出せる仕事のひとつ。

G2G(グーグラートゥグーグラー)という社員同士で教えあう仕組みがある。仕事に関連した専門的なものから、純粋な娯楽まで両方含まれている。

社内でアワードを開催して、インセンティブを出すときには、お金ではなくて経験(旅行、ディナー2人分やタブレットなど)を支給したほうが満足感が長く続く。

子供の職場参観、親の職場参観を開催している。

ほんの小さな働きかけ(ナッジ)で社員の行動が変わる。新入社員のために簡単なチェックリストを用意しただけで、より早く研修を終えて、25%早いペースで戦力になった。
1.仕事の役割と責任について話し合う
2.ヌーグラーに相棒をつける
3.ヌーグラーの社会的ネットワークづくりを手助けする
4.最初の半年は月に1回、新人研修会を開く
5.遠慮のない対話を促す

ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
ラズロ・ボック,鬼澤 忍,矢羽野 薫

東洋経済新報社
売り上げランキング : 64

Amazonで詳しく見る

以前読んだ「ALLIANCE 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用」と同じように組織をつくっていくときの参考になる本でした。

退職前提の雇用とコミットメントのタイプを説明した「ALLIANCE 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用」の感想和僑として働く

はじめてセクシャルマイノリティの方を採用

タイの会社ではじめてセクシャルマイノリティの方を採用することになりました。2名同時にです。
通常の選考プロセスで内定を出した方がたまたまトランスジェンダーの方だったようです。
ちなみにタイではトランスジェンダーをガトゥーイ(男性から女性)、トム(女性から男性)というそうです。

すでに働いているみんながどう思うのかという点だけ気になって質問してしまったのですが、タイではトランスジェンダーが日本よりもはるかに受けいられていることもあってか気にする同僚はいないみたいでした。自分ではこういうところに寛容だと思っていた僕が恥ずかしながら一番偏見があったようです。

セクシャルマイノリティの方が全体の1割くらいいるとすると、これからたくさんの人を採用していくなかでまったく採用しないということはありえないわけです。もし露骨に拒否感を示す人がいたらどうしようかと思ったのですが影響ないようでよかったです。

特に意図的に採用を増やすわけではないですが、今後も増えていくと思うので、仲良くやっていくためにも一緒に働くことを受け入れられる偏見などを持っていない人だけ採用していきたいところです。

タイ・バンコクでの新卒・中途採用について

ありがたいことに以下の記事経由で採用に関する問い合わせがけっこう頻繁に届いています。

タイのバンコクで新卒採用はじめます

別に秘密にしているわけではないですが会社の情報を明記していないブログにもかかわらず、これだけたくさんの方から連絡いただけるのは、それだけタイで働きたい方が多いということなんでしょう。

以下募集要項を掲載しておきますので、英語もしくはタイ語を使えて、バンコクでの勤務を検討している方はご連絡ください。詳細をメールでお送りします。

タイ、バンコクでの新卒・中途採用 求人情報 ユニモン株式会社
SEOやリスティング広告をメインとしたインターネットマーケティングの会社です。

日本が不況で就職先が少なくて内定もらいづらいというのも原因なのかもしれませんが、新卒から海外で働くことを選択肢に入れている人が増えるのはいいことですね。

タイの採用・求人情報サイト

タイで採用活動中です。

求人サイトを運営している会社に見積もり出してもらったりしているのですが、媒体資料がそもそも用意されていない会社があります。利用料金や広告枠だけが送られてきてPVやUUや想定応募数といった記載がまったくない見積もりが出てきて、どれくらい露出するのかさっぱりわからない媒体があったりします。

同じような点で採用どうしようか考えている会社の人事担当の方は多い気がします。誰かの役に立つかもしれないと思ったので、バンコクで採用活動するときに使ったことのあるサイトや候補となっている比較的大きそうな求人情報サイトをまとめてみます。

サイトに限らず求人の方法を探してますので、いい求人媒体があればぜひ教えてください。

JobsDB

とりあえず定番のようです。シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、中国などでも運営されています。

僕らも出稿してみました。
英語の求人情報を読んで応募してくるだけあって、給料を高めに出してくる人が多いという印象です。

JobsDB Thailand

Jobstreet.com

これも定番なのか会った人求人方法を聞くとよく話題にあがります。
HTML/CSSのコーディング担当と営業担当を募集したのですが、たしか1ヶ月のプランでいずれも30件ずつくらいは応募がきてました。

JobStreet.com

TARADJob.com

楽天が買収したTARADというショッピングモールがあるのですが、そこの関連サイトのようです。
料金表がサイトに掲載されてました。まだ使ったことはありません。

TARADJob.com

JOBTOPGUN.com

ぱっと見だとまったく求人サイトに見えないです。資料請求して確認してます。

JOBTOPGUN.COM

今後も随時試してみたサイトなどを追加していきます。

採用に至った人にどのサイトがきっかけとなって会っているかというと、
無料の掲示板みたいなサイトがけっこう多かったりして、
まだ求人情報サイトの力が圧倒的というほどにはなってないような印象です。

上記であげたようなサイトは、利用料を払い、応募してきた人と勝手にやり取りして採用するという流れです。
ちなみに派遣や人材紹介はまたきちんと検討したことがありません。最初にたしか給料の3カ月分だか30%みたいな説明を聞かせてもらって、高いと感じた記憶が残ってますがどうなんでしょう。

【書評】小さくても「人」が集まる会社―有益人材集団をつくる「採用マネジメント力」 西川 幸孝

小さくても「人」が集まる会社―有益人材集団をつくる「採用マネジメント力」は、採用に力を入れている会社の事例を元に、どう採用活動を経営の軸としていくかということについてまとまっています。求める人材像を明確にして、人事戦略を構築していくことが企業の長期的な強みになるということが説明されています。

参考にして採用に力を入れていこうと思える本でした。

「有能な人材」ではなく、企業が創造しようとしている目指す顧客価値に貢献できる「有益な人材」を採用することの重要性を説いています。能力が高かったとしても、組織として目指すベクトルに沿った人材でなければ有益たりえず、企業は方向性の合致した有益な人材を確保するべく採用力を高めるべきということが指摘されています。

劇団四季(サービス)、本多プラス(製造)、都田建設(建設)、物語コーポレーション(飲食)などの事例が紹介されています。

劇団四季の例でいうと、100%のものをお客様に提供するために、セリフや音程をすべて台本の通りに完璧にこなせる人材が有益であると定義しており、アドリブを入れたりする俳優はたとえその人が有能であっても不要と判断しているそうです。

小さくても「人」が集まる会社―有益人材集団をつくる「採用マネジメント力」 小さくても「人」が集まる会社―有益人材集団をつくる「採用マネジメント力」
西川 幸孝

日本経済新聞出版社
売り上げランキング : 190321

Amazonで詳しく見る

会社としてどういった人材を求めているのかを明確に定義して、それを採用活動の場で強すぎるくらいにアピールすることが大切だということがわかりました。組織の文化に合わない人がちょっと避けたくなるくらいに極端に文化を押しだしたほうが、結果として採用の失敗が少なくなるような気がします。

タイのバンコクで新卒採用はじめます

タイで会社を設立してからもうすぐ2年が経過しようとしています。いままで中途採用を中心に行ってきたのですが、2012年4月入社を目安にバンコクで新卒採用をはじめようと思います。無理には採用しませんが、3~5名ほどの予定です。新卒で入ってくれた方が活躍しているためです。

ちなみにタイは日本と違って同じ時期にみんなが就職活動をして、新卒として4月に一斉に入社するという流れではなく、卒業したあとにそれぞれ好きな時期に職を探して、年度半ばで途中から入ることが一般的なようです。なので今からでも2012年入社の方を募集しても間に合いそうです。

タイでビジネスビザやワークパーミットが取得できる国であれば国籍問わず以下のような点を見て採用したいと考えています。

素直さ
もっとも重要な要素だと思います。入社時点のスキルよりも伸び代の大きさのほうが大切なので、素直で何でも吸収できそうな方を採用したいです。

学習する習慣の有無
好奇心を持って自分で日ごろから興味を持った分野を調べたりしているかといったことです。
新卒時点でいきなり活躍することはあまり求めてませんので、入社時点のスキルがなくても学習する習慣がついていればすぐにスキルは問題ないレベルになると思います。

語学
日本語ではコミュニケーションがとれないので英語もしくはタイ語は必須。タイ語、英語以外の言語をビジネスレベルで使える方は優遇。
留学や海外在住などで他国の文化を経験している方は特に優遇したいと考えています。

学歴
18歳以上であれば学歴は特に問わずに採用します。
入試で定員割れしているような大学で、特に勉強や何かに打ち込めてないくらいなら、専門学校や大学行ってないほうがむしろ良いです。

インターネットリテラシ
あまり重要ではない要素なのですが、普段からインターネットを使っている人のほうが望ましいです。

給料

30,000バーツ~50,000バーツ

仕事内容

デジタルマーケティングやオフショア、BPOなどのサービスに関する業務全般
営業
事務
ウェブサイト制作のディレクション
プロジェクト管理
など

勤務地

Unimon Co., Ltd.
128/125 Payatai Plaza 12A, Phayathai Rd., Thung Phayathai, Rajathewee, Bangkok 10400, Thailand.
BTSパヤタイ駅から徒歩1分

福利厚生

昇給年1回
2年目以降年1回日本への交通費を支給
語学学校の学費を一部負担

業務日、勤務時間

平日および隔週土曜日の8時30分~17時30分(休憩1時間)
祝日はタイのカレンダー通りです。

最低限必要なスキル

タッチタイピング
ワードやエクセルといったパソコンの基本操作

あると望ましいスキル

インターネットビジネスの知識や経験
サイト制作やシステム開発の経験や知識
英語、タイ語などの語学力

現在2014年3月に専門学校を卒業で、4月入社予定の方に1名内定を出しました。
引き続き募集しておりますので、ご興味のある方はご連絡ください。

2013年5月追記
もしバンコクでの勤務を希望されている方が詳細は以下ご覧ください。
タイ、バンコクでの新卒・中途採用 求人情報 ユニモン株式会社

2013年9月追記
事務作業ができる日本人の方を募集しております。
タイのバンコクで働きたい方向けの事務の求人情報です

フィリピンのマニラで一緒に会社を創業する人もしくは現地法人の責任者の方を探してます

フィリピンに進出するにあたって現地で一緒に創業するパートナーもしくは設立後しばらくしてから現地法人の代表になってくれる人を探しています。

これからマニラで会社を立ちあげて、
単月黒字になるまで(1年くらい)現地で一緒に働いて、
そのまま常駐して勤務を継続してもらう
という内容で探してます。B向けのインターネットマーケティング関連サービスを売るというビジネスで、具体的な仕事の内容としては、主に営業や制作の担当者の採用(10人ほど)と指導などです。

マニラでフィリピン人のスタッフの方々を採用するのと同時並行で、人種問わずに責任者の方も探すという方法も考えました。
しかしながら、現地で採用するよりは日本で採用したほうがいいということをマニラで会ったほぼ全員から忠告してもらいましたので、現地採用はやめておくことにしました。

通訳なしで客先での英語のミーティングに参加しても問題ないくらいには英語が使えて、熱意と行動力がある人を探しています。
サボろうと思えばいくらでもサボれる環境になるので、自己管理できる人が望ましいです。
英語以外の能力や経験などは特に求めてません。働いたことない人でも考え方があえばお願いしたいです。

まだ出来てすらいない会社なので、普通に求人サイトに登録しても人を集めるのは難しそうなので、

  • 友達、知人に紹介してもらう
  • インターネットで探して直接連絡する
  • 日本のフィリピン人留学生コミュニティにあたってみる
  • フィリピンに留学経験のある日本人のコミュニティにあたってみる

などの方法を試してみようと思います。

先がどうなるかまったくわからない会社でもいいから何か変わったことをやってみたいという方を探すことになります。

いつまでに採用すると決めて無理して採用すると、あとでお互い大変なことになりそうなのが想像できるので、準備は前倒しで進めつつも焦らずに気長に探そうと思います。

まだマニラに事務所は設立できていませんが、まずはタガログ語の翻訳サービスを開始しています。
1文字6円からのタガログ語/フィリピン語翻訳サービス ユニモン株式会社