Tag旅行博

第19回TITFのJNTOさんが用意したエリアでブース出します

2016年7月に開催される第19回TITFにブースを出展します。

前回の第18回では申し込みするのが直前になりすぎて、日本の出展者がかたまっているエリアに出展できなかったのですが、今回は早めに申し込みしてJNTOさんが用意した日本エリアに場所を確保しました。今回はJNTOさんのエリアだけで全部で44団体参加されるようです。

他にも会場で販売まで行いたいという旅行会社やWifiレンタル・SIMカード販売などの企業は、あえてJNTOさんが用意している日本エリアではないところに出展していたりもするので、全部で100以上は日系の法人や団体が参加しているのではないかと思います。

出展エリアの変更

前回はかなり外れたエリアになってしまって、人通りが少ない場所だったのですが、それでも会期中にビラを大量に配布するなどして1,300名程度の方にFacebookを活用した懸賞キャンペーンに応募いただけました。
Facebookのいいね!は増えたものの、トラフィックが劇的に増えたかというとそうでもなくて、出展や出張、チラシの印刷代や運営メンバーの人件費など費用対効果を考えるとだいぶ反省点の多い内容になってしまいました。

ブースの運営とは別で、会場で出展されている日本企業の皆さんに挨拶まわりをしたのですが、今回はタイローカルの企業にも積極的にあたっていこうと思います。英語が話せる人がいるとは限らないので、効率悪いような気もしますが試してみます。

なお、チラシの配布方法やキャンペーンの運営方法なども改善して、B2CだけでなくB2Bも意識したブース運営にしようと考えています。

バイトのシフト管理

前回は急にアルバイトを利用することになったため、直前にシフトを組みました。そのため、ブースに1名しかいない時間帯ができてしまって対応しきれないというような状態になっていたので、今回から増員します。
1名だと食事やトイレのための休憩を取ることすらできないので、かなり問題のあるシフトの組み方でした。

エリアがCゾーンというあまり人がいないところから、最も人が多い日本エリアに変更になったので、2-3名以上は常にいるようにします。

ブースから離れた別のエリアでもチラシを配ることができるので、ブース近くの混雑ぐあいに応じて、他のエリアに配布しにいくようにします。

TITFの期間中タイにいらっしゃる方はぜひ情報交換させてください。会場のクイーンシリキット、弊社のサラデーン駅の目の前にあるオフィスだとありがたいですが、その他ご都合のよろしい場所まで伺います。

JNTOインバウンド旅行振興フォーラムに参加

1月27日、28日に開催された日本政府観光局(JNTO)による第15回JNTOインバウンド旅行振興フォーラムにブースを出展してきました。

自社の訪日観光情報サイトを知ってもらい、広告を検討していただける会社を探す目的で参加しました。

また、インバウンド観光に関するビジネスをしている企業の方々がどのような考えでどんな取り組みをしているのかを聞かせてもらうことで、直近数年の動向を予測する目的もありました。

タイ人の集客に絞ってブースに立ち寄ってくれた人にアピールしたのですが、現時点でタイ向けの取り組みをしている人は少ないながらも、みなさんタイからの訪問者数の増加を気にされているようではありました。

初日の懇親会にも参加させてもらいました。JNTOの海外オフィスの方や、インバウンドビジネスに積極的に取り組まれている方々のお話を伺えてとても有意義でした。

来日している旅行者数から考えても当たり前なのですが、まだまだ東アジアを中心に考えられていて、他の地域からの集客に力を入れている方は少ないような印象でした。訪日旅行者数3,000万人を目指すことを考えると、少しずつタイやインドネシアなどの東南アジアに向けた取り組みが増やしていくことになるとは思いますので、これから自社が少しでも貢献できるようにしていきたいです。

他にブース出展していた会社さんは以下のような業種の方がいらっしゃいました。
金融機関
情報誌、フリーペーパー
アプリ(主に地図関連)
新聞社
旅行会社
広告代理店

印象的だったのが、海外から来ている人がほとんどいないことでした。ほぼJNTOに加盟している企業の人だけが参加していたせいかと思いますが、先日参加したツーリズムEXPOという一般の人も参加できる旅行の見本市のときには外国人が多数いましたので、少し気になりました。インバウンド旅行のBtoBの講演やコネクションづくりがメインのイベントだったので、海外の旅行会社の人たちも参加しているものかと思っていました。

今後類似のイベントがあるたびに継続的に参加していき、インバウンド観光のビジネスへの理解を深めていきたいです。

タイ国際旅行フェア TITF#18(THAI INTERNATIONAL TRAVEL FAIR 2016)に参加します

2月17日から21日にバンコクで開催されるタイ国際旅行フェア TITF(THAI INTERNATIONAL TRAVEL FAIR 2016)を見学に行きます。
普段東京で働いてくれているタイ人のメンバーと一緒に出張する予定です。参加される方は現地でお会いさせてください。

TITFとは、Thai Travel Agents Association (TTAA)がTourism Authority of Thailand (TAT)と一緒に開催するタイで最大の旅行に関連した展示会(旅行博)です。

タイ人の一般の旅行希望者がたくさん集まる場です。2015年のイベントでは約35万人が来場しました。

先日東京で開催されたツーリズムEXPOとは違い、TITFではその場で航空券やツアーが販売されているので、これから旅行をしようと考えているタイ人の参加者はその場でお得に購入できます。タイ人は4月のソンクランという連休のときに最も旅行しますので、2月はちょうど旅行を決める時期です。

TITFには日本からもたくさんの企業が出展するようです。先日私の会社サイトエンジン株式会社でもJNTO(日本政府観光局)に加盟したのですが、JNTO経由でも多くの日本企業が合同で参加します。また、日本全国の自治体もだいたい参加しています。

今回はまだ自社でブースを出展するわけではないのですが、将来的に出展するかもしれないので、現地の様子を見てきます。
また、ブースを出されている方や参加者の方に話を伺うことでインバンド関連ビジネスでどのようなニーズがあるかを聞いてきます。

会場はクイーンシリキット・ナショナルコンベンションセンターで、MRT(地下鉄)でそのままの駅名の駅から歩いてすぐです。

http://www.titf-ttaa.com/?lang=en

インバウンド観光にかかわる事業者やタイの現地旅行会社の人たちに話を聞けるのを楽しみにしています。