TagTITF

2016年7月の第19回TITFに参加してきました

ブースを他の協会さんと共同で出展する形で、第19回TITF(タイ国際旅行博)に参加してきました。バンコクへ4泊5日で出張してきました。

現地で行ったこと

商談会に参加して、タイの旅行会社20社ほどに話を聞いてきました。自社で運営している媒体との提携の提案をしてきました。

またブースではアルバイト4名を使って、チラシを25,000枚配りきりました。
懸賞キャンペーンに応募してくれた人は合計で600名強でした。

前回はアルバイトが途中でサボっていて、ブースに誰もいないタイミングが発生してしまったので、今回は社員が1名常にいる状態にしました。

前回2月は1300名以上の方に応募していただいたので、半分以下という結果になってしまいました。

人が少なかったです

2月とくらべるとだいぶ人が少なくなっていて、半分くらいしか来ていなかったのではないかと思います。

去年までは7月ではなく8月開催で、毎年だいたい2月よりも8月のほうが少ないようですが、今年より少ないのは以下のような理由があるようです。

  • 去年まで8月の開催だったのに、7月に前倒しされてしまった。年末の旅行を決めるには早過ぎる。(タイは3月から5月、10月から12月が旅行のシーズンです。)
  • 国が設定した新しい連休と重なったため、旅行に行ってしまう人が多かった。観光振興のために連休増やしたのに、それがTITFの日程と重なってしまった。

事前の準備について

次回から以下のようなことをしようと考えています。

来場者への対応マニュアルを作成して、アルバイトの人たちに初日の午前中でロールプレイングや実際の来場者対応をしてもらう。

印刷物の郵送手配を数日に分けて事前に計画しておく。ブースのスペースがそれほど大きくないため、前日にすべてを搬送してしまうと置き場所に困る。

他社さんに声をかけて、複数社でブースの金額を負担する形にして、1社あたりの金額を安くする。今回は2団体で共同で出しました。

日本人が出張に行かなくても済むようにする。バンコクオフィスのスタッフだけで対応することで費用を抑える。
さらにいうと、信頼できるタイ人のスタッフのシフトを組んで、日本人が常にいなくても済むようにする。日本人がブースに立ったり、チラシを配るのは雰囲気を学ぶ意味では意味があるが、作業内容としては時給数十バーツのアルバイトと変わらない。

何かをその場で販売することを検討する。何か販売しないと単体で赤字になる。プロモーションの効果としても、チラシやパンフレットがどれだけはけても、実際の来客数や登録数につながっているかというと、そうでもないような印象がある。
販売するためにはJNTOさんが用意した日本エリアでは販売が禁止されているため、他のエリアに出展する必要がある。

印象に残ったこと

HISさんのブース、配布していた袋ともに非常に目立っていました。特に配布していた袋は他社よりも大きなサイズになっていて、みんながHISさんの袋を持って宣伝に貢献していました。

商談会にいらっしゃるタイの旅行会社の人たちは、意外と英語が通じませんでした。通訳を連れて行かないと半分くらいはコミュニケーションがとれない印象です。

第19回TITFのJNTOさんが用意したエリアでブース出します

2016年7月に開催される第19回TITFにブースを出展します。

前回の第18回では申し込みするのが直前になりすぎて、日本の出展者がかたまっているエリアに出展できなかったのですが、今回は早めに申し込みしてJNTOさんが用意した日本エリアに場所を確保しました。今回はJNTOさんのエリアだけで全部で44団体参加されるようです。

他にも会場で販売まで行いたいという旅行会社やWifiレンタル・SIMカード販売などの企業は、あえてJNTOさんが用意している日本エリアではないところに出展していたりもするので、全部で100以上は日系の法人や団体が参加しているのではないかと思います。

出展エリアの変更

前回はかなり外れたエリアになってしまって、人通りが少ない場所だったのですが、それでも会期中にビラを大量に配布するなどして1,300名程度の方にFacebookを活用した懸賞キャンペーンに応募いただけました。
Facebookのいいね!は増えたものの、トラフィックが劇的に増えたかというとそうでもなくて、出展や出張、チラシの印刷代や運営メンバーの人件費など費用対効果を考えるとだいぶ反省点の多い内容になってしまいました。

ブースの運営とは別で、会場で出展されている日本企業の皆さんに挨拶まわりをしたのですが、今回はタイローカルの企業にも積極的にあたっていこうと思います。英語が話せる人がいるとは限らないので、効率悪いような気もしますが試してみます。

なお、チラシの配布方法やキャンペーンの運営方法なども改善して、B2CだけでなくB2Bも意識したブース運営にしようと考えています。

バイトのシフト管理

前回は急にアルバイトを利用することになったため、直前にシフトを組みました。そのため、ブースに1名しかいない時間帯ができてしまって対応しきれないというような状態になっていたので、今回から増員します。
1名だと食事やトイレのための休憩を取ることすらできないので、かなり問題のあるシフトの組み方でした。

エリアがCゾーンというあまり人がいないところから、最も人が多い日本エリアに変更になったので、2-3名以上は常にいるようにします。

ブースから離れた別のエリアでもチラシを配ることができるので、ブース近くの混雑ぐあいに応じて、他のエリアに配布しにいくようにします。

TITFの期間中タイにいらっしゃる方はぜひ情報交換させてください。会場のクイーンシリキット、弊社のサラデーン駅の目の前にあるオフィスだとありがたいですが、その他ご都合のよろしい場所まで伺います。