いまバンコクに出張にきているのですが、プノンペンでオフィスの開設を検討しているため日帰りで出張に行くことにしました。

スワンナプーム国際空港

5時半に起きてタクシーに乗り、スワンナプーム空港を8時20分発のフライトでプノンペンに行きます。

バンコクエアウェイズで3万円強でした。もっと安いフライトもありましたが、よい時間のものがなく4時起きとかになりそうだったので断念しました。

フライト時間は1時間10分ですので、東京から日本国内の他の都市に行くのと変わらないです。

空港に早めに着き、イミグレーションで待つことを考慮しても片道3時間見ておけば着きますので、十分日帰りできる距離です。

早朝に出発して、夜8時くらいに戻ってくるフライトを予約すれば疲れますが日帰りで仕事できます。

バンコクやシンガポールは東南アジアのどこに行くにも短い時間で着くから便利ですね。

プノンペンでは、新しくカンボジアの会社を作るためにオフィスの内見と面接をしてきます。
カンボジアは外資規制が非常に少なく、少額の投資でもビジネスを始められるようです。

とりあえずカンボジア法人を設立して、小さい固定費でトライアル的に始めるのは気軽にできます。また、バンコクでしばらく働いてもらっていたカンボジア人のスタッフがいるので、現地を案内してもらいやすいです。

入国にはアライバルビザが必要

入国書類

カンボジア入国にはアライバルビザが必要です。米ドルや写真を準備しておくと便利です。

証明写真を忘れても追加で2ドル払えば問題なかったです。日本で写真用意するくらいなら2ドル払ったほうが安いですね。

到着カード、税関、アライバルビザの3つのフォームに記入します。

ちなみにこの投稿はバンコクのイミグレーションと、乗り込み前の待ち時間にスマホから書いています。いつも待ち時間が長いです。