いまバンコクにいるのですが、知人と一緒にベトナムのホーチミンで起業、会社設立すべく準備をしています。

不動産会社、人材会社、会社設立代行会社の方に協力していただいて、明日からの出張で一気に進めるべく用意しています。4日間の出張で20名以上の面接、事務所用の物件の確認、法人登記や会計を代行してくれる会社との打ち合わせなど、忙しくはありますがかなり充実した出張になりそうです。

仕事の内容は、日系企業向けのサービスを立ち上げてから、ベトナム現地の市場を取るようなサービスに少しずつシフトしていくというのを考えています。

ベトナムのメリットとしては、

・人材が豊富
・タイや中国よりも真面目に働く
・しかも給料が安い

というような話をよく聞きます。

リスク・デメリットとしては、

・会社間で人材の引き抜きあいが発生
・オフィスの賃料が高い(タイの3倍くらい)

などがあるようです。
個人的には人種によってきちんと働くかどうかに差はないと思ってますが。

SEOやウェブ制作・アプリ開発の会社も見てまわりたくて連絡先リスト作成したりしてたのですが、スケジュールが詰まりすぎていて難しそうなのでまた次回ホーチミンに来るときにまわろうと思います。

今回の滞在中の面接は主にベトナム人の予定です。現地で管理をしてもらう人が必要になりそうなので、国籍問わず管理職として現地で一緒に働ける方を探してます。

ちなみに日本で採用した日本人に赴任してもらうのか、それとも現地で国籍問わずいい人いたら採用するかを比較すると、前者のほうがリスクはないように感じてますが、後者のほうが採用が成功したときの伸び代はある気がしています。

今回英語が話せない人も面接する予定なので、出張時に現地で同行してくれるベトナム語と日本語の通訳の方を探していたのですが、同じくらいのレベルの人を採用するにしても、

直接その人に連絡を取ってお願いする場合は50~100ドル、
現地の通訳・翻訳会社に依頼する場合は150ドル、
現地の日系の会社に依頼する場合は200~300ドル、
日本語でGoogleで検索して見つけた日本の会社に依頼する場合は400ドル

と、料金に差がありすぎなので、通訳・翻訳以外にも同じような業界がたくさんありそうで、入れるビジネスがたくさん残っていそうです。